本日のブログ担当の、馬渕です。

SMCが名古屋に来て1年半が経ちます。
私は月の半分を名古屋に出社、残り半分を多治見に出社しています。
名古屋のお客様を訪問する際は公共交通機関を利用しており、その関係でJR、地下鉄、バスと乗る機会が多くあります。そんな中で毎回ひそかに楽しんでいる事があります。

それは朝のJR○○駅ホームのアナウンスを聞くことです。
その駅員さんは毎朝 明るいトーンと快適なテンポで「今日も元気に行ってらっしゃい!」とか「○○行きドアが 閉まりま~す♪」と聞いていてとても楽しくなります。
他の駅では聞かないのでマニュアルではない自分の言葉なんだろうなと思います。
そして一番すごいと思っている事は、雨の日には 足元に気を付けて・・など雨ならではの言葉を。電車が遅延した時には ○○分遅れた事へのお詫びの言葉を入れてその場に会った対応のアナウンスしています。

最近いろんな場面で効率化、標準化されており、人と会話をしなくても商品の注文が出来るのはあたり前だし、店員さんのマニュアル化されたセリフで、その場には明らか似合わない言葉で接客される事もあります。そんな中この様なちょっとしたプラスαの言葉があるだけで朝から嬉しくなります。
私もお客様と接する事が多いので数字だけを見るのではなく、その場を見てプラスαの声掛けが出来る様になりたいなと思っています。

【馬渕正子】 経理代行としてお客様のもとでそれぞれのニーズにサポートさせて頂いております。現場だからこそ見えてくるお客様の情熱やお困りごとに寄り添い、少しでも経理が楽になるよう改善のご提案ができればと思っております。

 

<担当>

株式会社経理レスキュー

経理代行スペシャリスト 馬渕