1.税務調査では、必ず売上の計上漏れがないかチェックされる。
税務調査で税務調査官が確認する点は、多岐にわたりますが、必ず確認する点が、
「今期に計上すべき売上に漏れがないか」という点です。
売上時期が正しいかどうか、漏れがないか必ず確認されます。
税法上、売上の計上は、原則「商品を引き渡した時」に計上するのがルールですが、
業種などにより、その基準がさまざまです。
今回は、この売上の計上基準について確認していきましょう。

2.商品、製品等の売上計上基準
商品、製品等を販売する場合には、その内容や取引形態に応じて、下記の中から選択し、
毎期継続して適用します。

(1)出荷基準…商品を倉庫などから出荷した日に売上を計上します。
(2)納品基準…商品を納品した日に売上を計上します。
(3)検収基準…相手方が検収を完了した日に売上を計上します。
(4)使用収益基準…相手方の使用収益開始の日に売上を計上します。

3.請負収益の計上基準
請負には、「物の引き渡しが必要なもの」と「物の引き渡しが必要でないもの(サービスの提供)があり、売上の計上基準は下記のようになっています。

物の引き渡しが必要なもの

(1)完成引渡基準…目的物の全部を相手方に引き渡した日に売上を計上します。
(2)部分完成基準…その事業年度において引き渡した建設工事等の量又は完成した部分に対応する収益を売上に計上します。

物の引き渡しが必要でないもの

(1)役務(サービス)完了基準…役務(サービス)の全部が完了した日に売上を計上します。
(2)部分完了基準…部分的に収益が確定した日に収益を計上します。

4.売上が漏れていたら、どうなるの?
決算時に売上が漏れていた場合、どうなるのでしょうか。
ここでは、税務調査で、今期に計上すべき売上が100万円漏れていたという指摘を受けた場合を考えてみましょう。

今回の例の場合、税金30万+加算税10万円、合計40万円の税金が追徴されることになります。

5.まとめ
今回は、売上の計上基準について確認しました。
お客様とお話をしていますと、まだまだ売上は入金日に計上すると思われている方が、少なくないようです。また締め後の売上については、計上漏れとなりやすいため、注意が必要です。