東春電気工業株式会社 代表取締役 小池優子様 変電所電気機器点検
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
率直に会社の存続と発展をしたいと思ったからです。その為に何をしたらよいのか具体的な方法も分からず、もちろん自信すらありませんでした。そもそも下請け会社である弊社がどうやって売上計画を作れるのかが一番不思議でしたが、お世話になっている税理士の先生からの勧めと、曽根会計を信じて受けてみようと思い申し込みました。理由は会社を、そして今まで支えてくれてきた社員を守るのが自分の仕事だと思ったからです。

・先行経営をしていかがでしたか?
先行経営の基礎となる「将軍の日」で中期5か年計画を作ります。それを毎月の「先行経営」で実際の数字を丁寧に見直すことで次への取り組みも明確になります。ぼんやりしていた経営に対するご指導もいただき、自分が今取るべき行動も具体的になりました。始めるときに感じていた先の数字の作り方も、自らの力で計画通りに作り上げていくことの楽しさも感じることができるようになりました。そして、1か月単位で見ていた数字に対し、思うような数字に仕上がらない過去は「どうしよう‥」という不安を抱いたこともありましたが、今は「1年後、3年後」を見据えた目標に向かっている過程だというスタンスで動けるようになり、気持ちに余裕ができ自信を持って経営に取り組むことができるようになりました。また、数字だけではなく色々なことに対し掘り下げた考え方もできるようになったと思います。

・もし先行経営をしていなかったら?
いまだに「どうしよう‥」という気持ちから不安な経営をしていたと思います。もちろん今後の会社の継続発展を考える余裕すらなかったと思います。そして、毎月の目の前の仕事をこなすだけで、気持ちの余裕や自分自身の「軸」もなかったと思います。ここ数年で電力業界の環境も随分変化しています。そんな変化にいかに対応していくべきかという考えも思いつかなかったことでしょう。数年前から取り組んでいる「先行経営」に取組んでいなければ、元請の対応に右往左往していたと思います。

医療法人大央会 院長 栗山俊久様 歯科診療所
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
「将軍の日」に参加し、そこで曽根先生から声をかけて頂いたのがきっかけです。正直、先行経営を理解できないまま始めたのですが、私自身、人生の目指すところが曽根先生(SMC)と決めていましたので何も迷いはなかったです。

 

・先行経営をしていかがでしたか?
病院経営の目標が明確に分かり、仕事に対して取り組む姿勢が変わりました。開業当初は希望に満ち溢れとにかく何事に対しても上昇思考を持って仕事に打ち込んできました。月日が流れ仕事に対して「安定」を考え始め、将来病院経営をどのようにしたらよいのか?と迷いが生じていた頃、「将軍の日」に参加し経営計画書を立て、実現に向けて先行経営を始めました。細かい経費の見直し、診療日数、時間の改善など、無駄を省きながら効率よく増収増益を目指しました。同時に先行経営の中で人材育成、スタッフ教育に着手して頂いたのが私にとって大きな力となりました。成果はすぐに現れ本院の経営拡大に成功した現在、分院を開設することもでき、個人経営であった病院は医療法人へと成長させていただきました。今後は分院を増設し、訪問診療にも力をいれ更なる事業拡大に取り組んで行きたいと思います。将来に不安、目標を失っていた私に再び希望を与えていただき感謝しております。

・もし先行経営をしていなかったら?
先行経営をしていただいて1番に思ったことは如何に経営ということに対して軽い気持ちで行っていたか、自分自身恥ずかしく思えました。開業して15年、大きな損失もなく過ぎたのが不思議なくらいです。先行経営をしていなかったら歯科医院としての未来は乏しく、間違いなく衰退の一途をたどっていたと思います。「経営の現状維持とは則ち衰退を意味する」曽根先生に先行経営を始めたころ言われた言葉です。今後も病院を経営していく上で高い目標を持ちその目標が実現できるように先行経営を行っていきます。