リフォームプレイス株式会社 代表取締役 井戸信吾様 リフォーム業
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
不動産業のグループ会社が創業間もなく「先行経営」を取り入れ、順調に業績を伸ばし成長させて頂きました。毎月経営状態の分析を行い、それに基づく経営戦略を立てて実行しております。その効果を業績とともに目の当たりに見てきましたので、弊社は創業時から「先行経営」ありきの経営が大前提でした。これから起業しようという方で、不安を抱えておられる方には特にお勧めしております。

・先行経営をしていかがでしたか?
担当の先生と一緒に立てた単年度計画に対し、毎月数字を確認することで現在の到達点がリアルに把握することが出来ます。良い状態も悪い状態も正確に数字で表されますが、不思議と冷静に客観的に分析するようになりました。独自に分類した細かな数字の分析からどこを補強すべきか、または伸ばすべきかが見えてきますので、目的が明確になり対策が的を射るものとなります。自分だとつい緩んでしまいがちな2ヶ月、3ヶ月先の対策の準備が宿題という形で強制されますので、「気付くのが遅すぎた」という反省や後悔は全く無くなります。分析からの戦略なのでどんどん精度が上がっていき、キャンペーン、イベント等の販売促進費の費用対効果が大きくなっていくのを実感しました。この1年間で大変多くの有用な情報を得ることが出来、会社の方向性も当初からすると随分鮮明になってきたと感じております。担当の先生が自分のことのように数字に向き合い、一緒に真剣に考えて下さる姿勢にはいつも感謝し励みとさせて頂いております。

・もし先行経営をしていなかったら?
ありがちですが計画がただの計画になってしまい、成長どころか現状維持がやっとという結果だったと思います。現在行っている分析からの戦略ではなく、今までの経験からの戦略で、戦略そのものの成長はなかったと思います。面倒で地味なしかし実行しなければいけない課題を後回しにして、ふと気付いた時には他社に大きく先行されてもはや手遅れという結果だったと思います。ビジョンのない運と勘にまかせた不安定な経営で、本当の経営の実感や喜びを知ることはなかったと思います。

社会保険労務士法人とうかい 代表 久野勝也様 社会保険労務士業
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
創業初期に曽根先生から「経営とは経営計画を立てて、その管理を毎月行うことだ」と言われて、これはやらないといけないと思ったことがきっかけです。

・先行経営をしていかがでしたか?
最初の計画では、創業5年目で売上6,000万円を目指すというものでしたが、先行経営のおかげで創業5年目で売上1億円を達成することができました。経営計画を立てることはどこでもできると思いますが、予算と実績の差異の原因を先行経営ほど厳しく管理することはないと思います。「なぜ、予算を組んだ通りの経費を使えないのか?」という事をお叱り頂いたこともあります。会社を成長させたいと思ったら、先行投資が必要なのに、予算通りの投資ができないのであれば成長できるはずがない、という事だそうです。

これは、人事や労務という弊社の仕事内容にもすごく関係してくることだと思いました。会社を成長させるためには、必ず「人」が必要になりますが、一般的な経営計画では人事戦略までは考えていないことが多いです。ところが、先行経営では売上目標を達成する為には何人採用をする必要があって、採用の為にいつ、いくら、どうやって動いたらいいかまで計画に入れていきます。ここまで詳細の管理をしていくからこそ、目標以上の成果があげられるのだと思います。本気で会社を成長させたいと思っている経営者には、先行経営は自信を持ってお勧めします。

・もし先行経営をしていなかったら?
弊社は平成29年11月1日で丸6年を迎えました。現在は従業員16名の事務所です。先行経営をやっていなければ、大きなビジョンすら描かず、目先の売上に不安を感じ、人を採用することができずに、今もわたし1人で事業をしていたと思います。経営者が大きな目標を持つことは当たり前ですが、その計画に対して具体的にどんな事を行っていくか真剣に考える時間を作ることが企業の成長にとって大切だと思います。その時間こそが先行経営だと思います。