本日ブログ担当の、CFO Nagoya&SMC社長の西川です。

12.07_1

11月に奈良・京都に3泊4日で夫婦旅行に行きました。
例年は毎年6月に行っていましたが、ここ数年は行けませんでした。ですが、なんとか決行することができました。
紅葉に期待しましたが、思ったような景色ではなく、黄色や茶が主体の景色は少々残念なところです。

京都はとにかく凄い人で、特に中国人、韓国人を主体とした外国人の多さは目を見張るものがありました。
非常に騒がしくて(ただ単純に声が大きいだけかもしれませんが)、
イライラしつつも、東福寺、醍醐寺など、紅葉がきれいといわれる(結局イマイチ)寺院を参拝しました。

奈良方面では法隆寺、東大寺など、メジャーな施設で
小学生の修学旅行を思い出しながら懐かしく堪能しました。

メインは信貴山の朝護孫子寺(しぎさん ちょうごそんしじ)です。
この寺院には、全国唯一の銭亀善神を祀るお堂があり、僧侶が「銭亀善神、銭亀善神、金周りが良くなりますように~~×××」と大きな声でお経?を唱えて頂けます。
恥ずかしいったらありゃしませんが、お金持ちになるため我慢我慢…。
1,000円のお布施で、茶封筒(なんと、1億円と書いてあるありがたいお札も入っています!)が頂けます。
その茶封筒に名刺を入れ、神棚に飾っておくと、あら不思議、お金持ちになれるという優れた茶封筒です。
4年ほど前に一度行き、夫婦共々多少所得が増えたので、お礼参りも兼ねて今回も茶封筒をゲットしました。
今は、神棚に祀ってあり、今後の金周りに貢献してくれるはずです!

その他にも、奈良七福神の毘沙門天が祀られており、商売には非常にご縁のあるお寺だと思います。
是非行ってみてはいかがでしょうか?

12.07_2

 <担当>
株式会社CFO Nagoya&SMC
代表取締役 西川