本日ブログ担当の、浅田です。
最近、再度【糖質制限ダイエット】を始めました。

2年ほど前、低糖質ダイエットで8キロダイエットしたことがあります。

当時その結果に満足して、大好きな白米、ラーメン、そば、甘いお菓子を普通に食べていたら、当たり前ですが、もとに戻り、さらに人生で最も体重増となりました。

 

そこで、昨年の10月より再度、低糖質ダイエットを始めました。

前回同様、白米、麺類、パン、を朝食と夕食は完全に抜き、代わりに、納豆と豆腐、山盛りキャベツ、あとは、魚や肉類のおかずだけ食べて、満腹感は得るようにする。と言う、決まり事を決め始めました。やはり、効果はすぐに出て、1か月半で6キロ落しました。しかし、ここからが、なかなか落ちません。

 

そんな時に見つけたのが、「マンガで分かる肉体改造 糖質制限編」 です。

糖質制限の本は、いろいろ読みましたが、最も分かりやすく、具体的方法が全て書かれたすごい本(マンガ)でしたので少し紹介します。

0307_0

人は、脂質でなく、糖質で太る。糖質カットがダイエットの基本だと書かれていました。

米(150g)は、お腹のなかで、ブドウ糖に変わり、56gの糖質に変わります。角砂糖に換算して14個分。うどんやそばは1杯で角砂糖10個分。大好きなカレーに至っては、米に小麦粉、ジャガイモ、ニンジンと糖質いっぱいです。角砂糖に換算して38個分。

コーラは角砂糖12個分。角砂糖が12個も入った砂糖水を飲んでいると思うと怖いですね。

 

私たちは日常300gの糖質を採っています。角砂糖にして75個分です。それを、1日で60gに押さえるのが低糖質ダイエットです。一食で10g~20gにするということになります。

 

ただ、毎日の生活で3食すべて糖質を抜くのは難しいです。

昼はどうしても白米やパンを食べるしかありません。その際は、朝と夜だけ完全に抜き、昼は普通に糖質をとる方法が効果的です。

朝、昼、夜すべて少しずつ減らすのは、あまり効果がないようです。

 

最近は、米や麺類を見ると角砂糖の個数がイメージされるようになりましたので、食べなくて済むようになりました。また、小腹が減った場合は、糖質のないチーズを食べるようにしています。朝、夜は糖質をカットし、魚、肉は積極的に採る。小腹が減ったらチーズを食べるという生活を続けています。

結果、4か月で8キロ体重を落とし、今も少しずつ減っています。

紹介した本を理解し、少し努力すれば、誰でも効果は出ますので、体重が気になる方は是非チャレンジしてみて下さい。

0307_1

 

 

 

<担当>

株式会社会計ファクトリー

会計・税務スタッフ 浅田