本日のブログ担当の、田島です。

先日、薬の点検に来た置き薬屋さんから「2年半うつ病で苦しんでいましたが、やっと相性のいいお医者様に出会えて回復して、復職できました。」という話を聞きました。

私自身もここのところ、気分が沈むことが多かったので、【自分もうつ病では?】と思いました。

 

そこでネットで、うつ病を調べていて、「あなたのうつ病危険度チェック」を見つけたので、ちょっとやってみました。するとなんと「うつ病の可能性大。すぐに病院へ。」という結果が出てしまいました。

 

『ええ~、まさかそんなはずは…』と思いながらも、気になるので、もっと【うつ病】について知りたいと思い、本屋さんに行きました。

そして見つけたのが【うつ病は重症でも2週間で治る、もし……】という本です。

最初は「そんな簡単に治るわけないよね。現実に2年半も苦しんだ人もいるんだし。」と思ったのですが、どうして2週間で治るのか、興味を惹かれて読んでみることにしました。

SMCスタッフブログ画像_01

一般的にうつ病になりやすい人は、責任感が強くまじめに物事に取り組む人が多いと言われています。しかしこの本では、それだけではなく、様々な理由で自分に自信がない人が、他の人に認められたい、褒められたいという動機から一生懸命、まじめに仕事等に頑張っているうちに、嫌なことも辞められなくなり耐えられなくなってうつ病になると書かれています。

そして、そういう人は自分のことばかりを見ていて、周りが見えていないとも。

自分だけでなく周りの人を見るようになり、他の人のために、他の人に喜んでもらうことを目標に働けるようになれば、うつ病は2週間で治るというのです。

つまり、自分を苦しめているのは自分自身であり、それに気づいて自分を変えることが大切だということです。

と言う事は、SMCで取り組んでいる“スーパーブレイントレーニング”でいう「他喜力」の高い人を目指せば、人間関係と言う壁にぶち当たることも少なくなるんだなと改めて思いました。

これはうつ病の人に限らず、すべての人が人間関係等で悩んだ時に有効な考え方だなと思います。

 

私も今までの自分の考え方、生き方を見直して、鬱に負けない人になろうと思います。

SMCスタッフブログ画像_02

 

 

<担当>

株式会社会計ファクトリー

会計・税務スタッフ 田島