本日ブログ担当の、薮崎です。

私は土岐商業高等学校出身で3年間簿記を中心に勉強をしてきました。
2年生まではみんなと一緒に簿記の授業を受けて、日商2級を取得しました。

正直なところ、私は日商2級の検定を終えた時、落ちる気がしなかったです。しかし、1問だけわからないところがあって、「100点取れないな、悔しいな」とは思いました。
授業でも、自分のペースで先に進んで勉強をしていたのですが、ある時、そんな私の様子を見ていた先生より「日商1級を受けてみないか?」の勧めもあって、1級を受けてみることにしました。

その時、土岐商業高校では、簿記部を中心に【日商1級プロジェクト】という、小島一富士先生が行っている、【全国の高校生を日商1級に合格させよう】というプロジェクトがあったので、それに参加しました。
自分自身、日商2級まで特につまずくこともなく来たので、1年あれば合格できるかなと軽く考えていました。

SMCスタッフブログ_01

ですが、いざ始まってみると1級の勉強はすごく難しく、それに自宅学習も1日3~4時間行わないとその日の課題が終わらないといった感じでした。
2級では自宅学習をしなくても合格できたので、当然自宅学習をする気持ちになれませんでした。

それでも何とか1年乗り切り、高校3年生の11月に検定を受けたのですが、58点で落ちてしまいました。
(※簿記の合格基準は70%以上ですが、但し、1科目ごとの得点は40%以上ないと不合格になってしまいます)
今まで、特に検定に落ちることはなかったので、本当にすごく悔しかったです。

このまま続けて「1級を取得したい!」と思ったのですが、簿記1級の合否結果発表が1月で、
その頃は、高校のどの授業も終わりにかかっていたので、簿記の勉強も同時にやめてしまいました。

高校を卒業し、4月よりSMCに入社して社会人になったりと、慌ただしくしていましたが、
SMCで、社員研修や記帳のお仕事をさせて頂いていると、今の仕事をしていくうえで、やはり簿記の知識があったほうがいいなと思うことが多々あったので、もう一回、簿記1級の勉強をしてみたいと強く思うようになりました。

なので、高校3年生の時に使っていた、テキストや問題集を引っ張り出して、来年の6月の試験に向けて頑張ります!!

 

SMCスタッフブログ_02

 

 

<担当>

株式会社会計ファクトリー

会計・税務スタッフ 薮崎