本日ブログ担当の、内田です。

秋分の日も過ぎ、日没の時間もだんだん早くなってくる季節です。
 事故を減らす狙いから、国土交通省は、暗くなると自動でライトが点灯する「オートライト」の搭載を2020年4月以降に売り出される新型車からメーカーに義務づけることを決めたそうです。
 夕暮れ時の薄暗くなり始めるころ、対向車線をヘッドライトをつけている車が数台通り過ぎた後に無灯火の車とすれ違うと、対向車でも怖いなと感じます。
 歩行者はもっと強く感じているかもしれません。
 ヘッドライト点灯のタイミングは人によってまちまちですね。

また、先日免許の更新に行った時に講師の方が、「ハイビームを使用したことのない人」と質問をされました。数名の方が手を挙げられていてびっくりしました。
 最近では、『ハイビームを使用しましょう。』とCMでも流れていますよね。
 街中の明るい場所を運転しているときは必要ないかもしれませんが、街頭が少ない場所を運転しているとやはり必要だなと感じます。

早めの点灯もライトのハイビームも歩行者に自分の存在を早く知らせることが大切ですし、歩行者を早く発見するためにも必要なものだと思います。

SMCのスタッフも、お客様のところに訪問等車で移動をすることが多々あります。
 これからはますます日も短くなってきますので、早めのライトの点灯を意識し、安全運転を心掛けたいと思います。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_01

%e5%86%85%e7%94%b0

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 内田