本日ブログ担当の、岡本です。

悪いと分かっていても改めることが出来ないことはあるもので、長年「ねこ背」を解消することが出来ないでいました。
 子供の頃は、よく親に「背筋をピンと伸ばしなさい」と言われたものです。そして大人になってからも、家内から「ねこ背になっているよ」と言われることが多く、その度に背筋をピンと伸ばそうとしても、どこかしっくりせず、真っ直ぐにしたつもりでも意識することを忘れると元に戻ってしまうということの繰り返しでした。

そんな中、新聞広告で出会ったのがこの本です。「長年解消出来ないねこ背がそんな簡単には治るものか」と思いながらも気になってAmazonのレビューをチェックしたところ、中々好評のようでした。早速Amazonの提供するオーディオブック「Audible」で視聴しました。
 この本に書かれていることはすぐに実践し効果が出るものでした。知っているか知らないかで大きく違いが出ることの具体例のようなものです。
 マナー本やマナーセミナーでは背筋をピンと伸ばすための方法を教えられますが、これらの方法を何度習ってもねこ背は治らないでしょう。基本をおろそかにして小手先で戦ってもダメだということです。ピンと伸ばす前にねこ背にならないことの方が先なのです。子供の頃、背筋を伸ばそうと物差しを背中に入れたことが笑い話のようです。

世の中には常識と思われていることでも正しいとは言えないことが多くあります。
 多勢に従うという安心を選んで自分の物差しを持たないことが、結果としてどれだけ無駄な労力を使うことになるのかということを強く感じた最近の出来事でした。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_01

%e5%b2%a1%e6%9c%ac

 

<担当>

SMC税理士法人

代表社員 岡本