本日ブログ担当の、新藤です。

もうすぐ5月ですね。
春のポカポカ陽気が気持ちよく、やる気とは裏腹についウトウト…私だけでしょうか?
気温が暖かくなり、冬から続いた緊張感が解ける春は、眠くなりやすい季節だそうです。
そんな時、スケジュールの立て方をちょっと工夫してみてはいかがでしょうか。

午前中:仕事開始は“すぐできる”作業から
開始時から一気に集中力を上げるには、「すぐに終わる仕事」から取り組むのがベスト。
前日の仕事の続きや、簡単な作業を終え、早々に”達成感“を得る事が次への意欲につながります。
昼食前:昼食前30分は、苦手な仕事を片付ける
苦手な仕事や単調な作業は、後回しにしがちです。でもためてしまうとストレスになります。
時間を区切り、「終わったらお昼!」を目標にサクサクこなしていきましょう。
午後:打合せや会議でアイデア出し
食後は、血糖値が上がって脳が元気を取戻すときです。クリエイティブな仕事はここで行いましょう。
でも長時間続けると集中力が落ちてしまいます。1時間ごとに休憩をおススメします。
14時:チョコレートで脳に栄養補給
眠気が出やすい14時頃は、チョコでブドウ糖の補給を。栄養補給で眠気も吹飛びます。
冷えたチョコなら甘さ+冷たさで脳が一層活性化することでしょう。
夕方:1時間刻みでデスクワークや作業に集中
疲労がたまってくる夕方は、1時間刻みで違う仕事にシフトしてみましょう。その都度脳がリフレッシュして新鮮な気分になります。可能なら、歩くなど体を動かすのも効果的です。
退社前:片付けをして翌日の予定を立てる
机の上を整理し、余計なものを捨てると、脳が快感を覚えストレスも解消されます。
片付けの後は、次の日の朝、最初に取り組む仕事を決めて準備をしましょう。

思うように効率が上がらない、昼食後ウトウトしてしまうといった時は是非、試してみて下さいね。

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 新藤