本日ブログ担当の、舩田です。

入社して半年が過ぎましたが、毎日が新しい発見に包まれています。

ある日、帰宅途中に会社の向かいにあるジュンク堂書店に立ち寄ったとき、ふと決算検討会であった不思議な場面を思い出しました。それは西川社長が「この決算書は美しいわ!」とポツリ。これに反応するかのように決算書に携わった社員が「でしょ!」と話していたのです。え?決算書が美しいって何?と衝撃でした。何かよい本はないかと選んだのが光文堂から出版されている『決算書はここだけ読もう〈2017年版〉』です。

読んでいるうちに「曽根代表が貸借対照表は会社の歴史を物語っているとおっしゃっていたなぁ…。」「理想の貸借対照表は…当座比率が…自己資本比率が…」「固定資産はこの金額の範囲内かぁ。」「そうするとこれで良いのかぁ。」と頭の中で整理していると「まずはこの貸借対照表を目指すことだ」と完成したはずなのに、なんか違和感が…。

それは「経営理念」「経営目的」がないのにこの貸借対照表を目指すことはできないということです。これに気がつき、これで頭の中がスッキリとしました。

目標を達成するために進む方向を決める手段として利用する決算書は経営者の方々にとって大事な道標になることを再確認するとともに、早くカーナビの音声案内のように目的地までしっかりサポートできるように頑張っていきます。

【舩田卓】 お客様から頼りにされ、経営のアドバイスができる税理士となることを目指してSMCに入社しました。これからお会いするお客様とお話しできる機会に出会えることを楽しみにしております。よろしくお願いします。

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 舩田