本日ブログ担当の、横井です。

インターネットに「小学生のなりたい職業」の2016年集計結果が出ていました。未来を生きる子供たちには夢も希望もあって、男の子のなりたい職業第1位は「サッカー選手・監督」、女の子のなりたい職業第1位は「保育士」でした。

そして、2014年には「将来なくなる職業」をオックスフォード大学が認定したという記事もありました。ちなみに「将来なくなる職業」にはSMCグループと深くかかわりのある「税務申告書代行者」「簿記・会計・監査の事務員」「データ入力作業員」が上がっていました。私たちが毎日頑張っている仕事はなくなってしまうのか・・・と寂しくなりました。

ちょうど私の子供も就職という選択が近くなってきたこともあり、将来どんな職業を選ぶのだろうと行く末が心配になりました。実は小学生のなりたい職業の中には消えてしまうと思われる「事務員」や「公認会計士」も少数ですが上がっているのです。将来なくなるんだよ~とは言えませんが、夢に描いていた職業が将来なくなってしまうなんて、なんだか悲しくないですか?

ITの進化が自動化をもたらし、様々な情報が電子情報として簡単に集計できるようになる。それによって職業もきっと様変わりするのでしょう。便利な世の中ですが、人の手がかからない世界って冷たい気がします。人と人とが面と向かってコミュニケーションを取り、そういった暖かさを仕事の中に求めて職業が生まれてくるような世の中であって欲しいなぁと思いました。そんな世の中であれば、将来消えてしまう職業が少し減るのでしょうか。子供たちの将来が明るいものでありますように。

 

 

 

 

 

 

【横井ちあき】 先行経営Tasseiのサポートをメインに、MFクラウド会計や弥生会計などの導入・操作のお手伝いもさせていただいております。ITの進化に必死について行きたいと思っております。
<担当>

株式会社SMC総研

弥生マスターインストラクター 横井