本日のブログ担当の、伊東です。

私どもの仕事は年末調整が始まる12月から繁忙期になり、確定申告、3月決算申告の5月まで嵐のように過ぎていきます。
ようやく落ち着いてきましたのでそろそろ有休でもとりたいなと思うこの頃です。
そんな私の目に留まったのが「スッキリ 体と脳の疲れが消える本」

その中で「疲れが老化を促進する。」何とも恐ろしい言葉が目にはいりました。
私の前の席の同僚がよくいじめるんです。「伊東さん、朝から夕方5時の顔になってますよ」ひえ~!
まさしくその通りなのでしょう。

疲れも老化も活性酸素による細胞への攻撃により起こるそうです。活性酸素が一時的に細胞を錆びさせて傷つけるのが疲れ。そしてその細胞の傷がいえないまま傷跡になるのが老化。疲れをほっておくと老化のペースを加速させてしまいます。やばいですやばいです。
それを抑えるためには、その日の疲れを翌朝までに回復させること、翌日に疲れを残さないことが秘訣だそうです。

ではどうすればよいか。日常において疲れをとるための特効薬は「睡眠」。睡眠中は活性酸素の発生量が抑えられるので細胞を修復することができるからです。ですから疲れも回復できるわけですね。
森林の香りもよいらしいですよ。その他の日常生活のテクニックも載っています。
実践していつまでも若々しくいきたいものです。

【伊東香織】 名古屋本社にて業務を担当させて頂いております。すっかりお局でございますがお客様とコミュニケーションをしっかりとって、月次や決算がワクワクするものになるよう努めてまいります。

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 伊東