有限会社ひなたぼっこさと 代表取締役 上原理恵 様  業種:介護福祉事業
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
看護師という職業から経営者になったばかりの私は、正直、経営のいろはも全く分からずにおりました。そもそも分かっていない事にすら気づいておりませんでした。そんな中、S税理士さんと出会い、「三流経営者は勉強せなあかんに!!」と助言(?)を頂き、先行経営で何をするのかも知らず、経営の方法を学ぶつもりで受けさせて頂いた事が始まりでした。
・先行経営をしていかがでしたか?
一口でいうと「よかったぁ~!!」です。私のような者でも経営者として存在できるのは、あの時の助言(?)と先行経営があったお陰だと言っても過言ではありません。心があれば何とかなるさ的な考え方の私は、数字の事は先行経営がなければ考えずにいたと思います。今から考えると恐ろしい事です。沢山の方々の出会いから随分助けて頂けたので(今もですが・・・)、今があると感謝しております。
・もし先行経営をしていなかったら?
今の「ひなたぼっこさと」は、無かったと思います。消滅していたかどうかは分かりませんが、今のような広がりは無かったでしょうし、考えもしなかったと思います。先行経営をしていると、毎月毎月自分の会社を見つめ直す良い機会があり、軌道修正をしながら経営が出来るので、目標をクリアできるよう努力が出来ます。S税理士さんの叱咤激励と、Mさんの優しい指導のもと今があります。本当にありがとうございます。

株式会社猫壱 代表取締役 竹内淳 様  業種:ペット製品の企画・販売
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
会社を良くしたい一心で模索していた時に曽根先生著書「自分の会社を100年続く企業に変える法」に出会い、深く感銘を受けてお問合せをしたことがきっかけで先行経営を知りました。セミナーに参加し現在の経営に不足しているものだと感じ、始めることを決意しました。
・先行経営をしていかがでしたか?
正直最初の5カ年、単年度経営計画を立てたときは、99%実現しないだろうと心の中で思っていました。曽根先生と菱刈様と月次で進捗をレビューし、課題を一つ一つこなしていくうちに前年の200%の売上計画を達成することができました。本当に信じられない体験でしたがこれがきっかけでやれる自信が生まれてきました。今年で先行経営4期目になります。先行経営の素晴らしい点は①5年先の高い目標を立てるので闘志が湧きます。最初は無理だと感じることがあるかもしれませんが、毎日“決意の手形”を眺めていると「できる!」と、段々現実になる気がしてきます。②5年先の見通しができているので取捨選択が明確になります。そして必要な資源を早い段階から準備することができます。
・もし先行経営をしていなかったら?
経営でも人生でもよりよくなるためには、「よい決定をすること」だと思います。先行経営をするという決定をしたことは、当社の運命を分ける決定だったと強く感じます。
もし先行経営をしていなかったら①現状の延長線上でしか経営目標を立てない。そうすると考えるアイデアや行動に革新がなく、会社が成長していなかったと予測します。②経営数値の管理が甘くなり、資金繰りの問題、その他あらゆる財務上のリスクが発生したと想像します。③日々直面する経営課題を解決することができない、または解決に多くの時間がかかってしまい時間・労力を無駄にしてしまうと思います。