五十嵐工業株式会社 代表取締役 五十嵐亮一 様  業種 管工事及び水道工事
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
以前は決算もどんぶり勘定でした。改善で少しずつ精度を上げていましたが、曽根先生のセミナーに参加してロケット理論を知り、これはしっかりと目標設定しないとダメだと気づき、中期経営計画の将軍の日に参加しました。中期経営計画を立てると単年度、月次のチェックの必要性を知り、先行経営をはじめました。
・先行経営をしていかがでしたか?
毎月の月次決算により、三流経営者としては痛いところも多々突かれますが、会社全体のムダ取り、改善が明確に現れ、一つひとつ潰していくことで、少しずつ改善されました。毎月コツコツと改善していくことで、一年ではかなり改善されます。また次のステップとして目標に対して何が何でもやりきる事への執着心を強く持つことも学び、経営者としての役割、自覚を新たに持ちました。先行経営後は社外役員、そして営業、工事、総務のトップと共に先行経営という経営会議を毎月行い、経営改善を続けています。
・もし先行経営をしていなかったら?
我流で目標数値は立てたものの、売上も利益も決算にならないとわからないような、無駄な経費もダラダラと使っている成り行きのドンブリ経営を継続していたのではないかと思います。毎月のチェックで問題抽出、翌月までに改善の進捗チェックと、確実に改善が進みます。やると決めたあの日を振り返り、本当に良かったと思います。

株式会社河地鉄工 代表取締役 河地勝彦 様 業種 鉄工業
・なぜ先行経営をしようと思いましたか?
いままでの経営は自分の感覚と運に任せ、漠然と売上げを上げればいい、儲かればいいという考えで行ってきました。それでは駄目だと理解してはいるものの、何をどうすれば良いのか不明確で手探り状態でした。その中で、取引銀行のセミナーに参加し今の経営ではダメだと改めて気づかせて頂き、経営者として会社や従業員・家族を守っていく為には、計画・実践・検証をした経営をしていくことが必修と考え決意しました。
・先行経営をしていかがでしたか?
財務内容を細分化することで企業としての課題が浮かび上がり、自分自身が何をどうするべきか考慮し判断する為の基盤となっていますし、事業計画を構築することで短期的・長期的に目標をたて検証し修正する事が出来てきていると思います。
また幹部や従業員にただ漠然と指示をするのでなく、事業計画や財務内容に基づいた指示をすることで受け手側にも明確に伝わり、会社全体のベクトルを合わせることが出来てきていると思います。
・もし先行経営をしていなかったら?
いままでのいわゆるどんぶり勘定では決算期になるまで経営状態が不明確な為、経営状態が思わしくなかった場合の問題定義や対応がかなり遅れていました。
企業としての目的意識も今より不明確で薄いものになっていたと思います。