本日ブログ担当の曽根伸子です

「クレド」という言葉を耳にされた事が有りますでしょうか?
私は、今年SMCグループでクレドを作成することになり初めて知りました。
「クレド」とは、「信条」を意味するラテン語で「企業の信条や行動指針を簡潔に記したもの」を意味します。
SMCグループには、経営理念として「貢献」「感謝」「信頼」が有ります。
経営理念は会社のトップが考えるものです。が、クレドの内容は、社員が主導して考え作成するものです。この会社で成長し、成功する為にはどうすれば良いのかを自分たちで考えることにより、思いを共有し絆を深めていく為のものです。
クレドの完成品は、出来上がった文章をたった一枚のカードにレイアウトすることです。

例えば内容としては、
*挨拶はまずお客様の目を見て(アイコンタクト)、先に笑顔でしましょう。
*お客様の立場になって常に考えて行動しましょう。
*お客様からのクレームは、アドバイスとして感謝し、真摯に対応しましょう。

人は、「自分が会社の役に立っている」「会社から必要とされている」ということにやりがいや喜びを感じます。自分の存在価値を見出します。
会社の価値観と会社の進むべき方向が、個人の価値観と違うと常に違和感を感じながら仕事をすることになってしまいます。実力も発揮できず不幸な結果がまっています。
「クレド」は、会社と社員の価値観を共有するものです。社員同士のコミュニケーションツールとして活用できるものです。
価値観の共有が図れれば自ら考えて行動できる社員に変われます。

SMCでは下記の5つのテーマで全社員にアンケートを実施しました。
*お客様への対応
*スタッフの自立・成長
*仕事の取組み方
*チームワーク・人材育成
*仕事の誇り・目標

スタッフが、やりがいを感じワクワクした気持ちで仕事ができ、SMCの一員としての誇りを持てる職場になるように期待しています。
どんなSMCクレドカードが出来上がるのか今からとっても楽しみです。

 

<担当>

株式会社SMCホールディングス

総務事務 曽根