本日ブログ担当の大野です。
「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画をご存知でしょうか?

高蔵寺ニュータウンを設計された津端修一さん90歳と、奥様英子さん87歳のほっこり丁寧な暮らしを描いた作品です。
長い間色々な映画館などで上映され続け、2017年キネマ旬報文化映画ベストテンの1位に輝きました。

映画ではお二人のほほえましい会話や日常が中心となって映し出されていますが、いたる所に暮らしへのこだわりが光っています。
修一さんは仕事で数々の団地や建物を設計し、その業界では名を残した方です。本当は自然との共生を目指し、里山を残して団地を造りたかったけれど、経済優先の時代はそれを許してはくれず、せめて個々人からでも里山を復活させたいと、ニュータウンの一角に土地を購入してたくさんの樹木を植え、作物を育て、「キッチンガーデン」を推奨されてきました。

奥様の英子さんは手仕事大好き。作物を育て、収穫し、料理するのはもちろん、編み物、刺繍、機織りまでこなします。大忙しの毎日ですが「こういう事がすきだから‥。でも年だから今日どうしてもやらなければっていう事は作らないようにしてるの。」とニコニコ。

庭や家のいたるところに修一さん手書きのイラストや言葉を書いたプレートがあり、遊び心も忘れてはいません。
「彼女は僕の生涯最高のガールフレンド」なんて90歳のおじいちゃんになった修一さんの笑顔。誰もがこんな風に年齢を重ね、生活できたらいいなぁと憧れを抱くのではないでしょうか。修一さんは映画を収録している2年の間に亡くなってしまいますが、最後にアドバイスした建物が、その後に完成します。亡くなってからも大好きだった仕事で功績を残し、皆に感謝されるというのも人としてやはり羨ましいと思ってしまいます。
お二人の暮らしは何冊かの本となって出版されていますし、まだ映画も上映されているようです。一度ご覧になってみてください。

【大野美和子】 総務を担当しています。皆様が事務所にお電話を下さった時やお越しになった時、最初に応対させて頂く事が多いかと思います.皆様とSMCスタッフの間をできるだけスムーズに繋ぐことと、スタッフをバックアップすることでお客様に貢献したいと思っております。

 

<担当>

株式会社SMCホールディングス

総務事務 大野