突然ですが皆さん「空手」というスポーツをご存知でしょうか??
こう尋ねると知らない人は大体
「え、人を蹴ったり殴ったりするやつでしょ?」  とか
「押忍!押忍!とか言ってるだけの武道でしょ?」 と言います。
確かに間違ってはいませんが、そんなにボコボコと蹴ったり殴ったりはしないし、押忍もそんなに言いません。「押忍=挨拶(返事)」のようなイメージで捉えて下さい。

ここで、知らない人のためにザックリと説明しましょう!
空手には大きく分けて2つの「形(かた)」と「組手(くみて)」という種目があります。

☆形とは、目の前に敵がいると仮定し、自身を守るための技を組み合わせて魅せる競技です。勝敗の基準としては「一つ一つの技の美しさ」「気迫」「礼儀作法」などが挙げられます。

☆組手とは、実際に相手と対面し、実戦形式で戦う(技を掛け合う)競技です。
勝敗基準は技による得点です。基本は突き(パンチ)が有効(1点)、中段(お腹周り)への蹴りが技あり(2点)、上段(頭)への蹴りが一本(3点)で得点の多い方の勝利、若しくは8ポイントの差がつくと勝利です。

気迫や礼儀作法は空手をやるにおいて、至極基本的なことなので両方に共通しますね。
私自身のことを書き忘れましたが、7歳の頃から空手を始め、今年(2018年度)で15年目突入です☆彡

是非、このブログを見た方は少しでも空手を覚えて帰って下さい!!

余談ですが、2016年8月ついに空手がオリンピックの正式種目に選ばれました。空手をやっている身としては非常に嬉しい限りです。競技人口も段々と増えてきているので、もっともっと色々な方に空手を知ってほしいですね。
興味が湧いたら是非Youtubeで動画を見てみて下さい。ゴロゴロ転がっています!

↓写真は私の所属している支部の人たちで、左のひょろ長いやつが私です。
(写真の人数は少ないですが実際はもうちょっといます。)

【

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 水野