本日ブログ担当の清水です。

私は八重洲イブニングラボという経済系のオンラインサロン(有料メルマガのようなもの)に入会しています。そのラボでは、「聖書」と呼ばれるほど崇められているビジネス書があります。
それは、全世界でベストセラーとなったロバート・キヨサキ著の『金持ち父さん 貧乏父さん』です。(タイトルが長いので、以下『金父貧父』とします。)

私は八重洲ラボに入会するまでは『金父貧父』を読んだことがなく、「どうせ金持ちの成功体験を自慢げに書いたつまんない本だろー」と見下していました。
しかし、実際に読んでみるとこれが凄い!!!

お金に関する考え方が180度変わったといっても過言ではないくらいの衝撃でした。
この本は筆者が「金持ち父さん」から学んだ「お金」に関する考え方を筆者の実体験をもとに解説していくという自伝的ビジネス書ですが、金持ち父さんからの教えは実にカンタンです。
「金持ちはお金を出して資産を買う」「貧乏人はお金を出して負債を買う」
どうですか?カンタンですね。

驚くべきことに、この教えに当てはめると資産の代表格とされている「マイホーム」も「資産じゃない!」ということです。それどころか、マイホームはぜんぶ負債になります。
この資産か負債かを見分ける方法もこれまたカンタンで、「キャッシュを生むものが資産!」「キャッシュを食いつぶすものが負債!」ということになります。

マイホームは、維持費や固定資産税、ローンなどでキャッシュを食いまくるので負債になるのです!
どうですか?あの夢のマイホームが負債だったなんて、考えただけで背筋が凍りますよね。お金に関する知識がないと一生をかけて「負債」を持ち続けなければいけないことになりますね。
『金父貧父』では主に個人財産をメインに解説していますが、この教えは会社経営でも同じです。
・・・ですが、残念ながらこの本には会社経営のことについてはあんまり詳しくは書かれていないんですよー。うーん、困りましたね…

ということで、そんなあなたに朗報です。
会社のキャッシュについての秘訣が学べるライブセミナーがあるので、それをお教えいたします。こんなセミナーがあったなんて、実に運がいいですねw。
「負債」を買いたくない人は、ぜひこちらをご覧ください。
信じるか信じないかはあなた次第です!!!

『キャッシュを増やすヒケツ』
http://www.smc-g.co.jp/cashacademy/about/message/index.html

【清水翔太】

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 清水