本日ブログ担当の宮地です。

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立しました。(平成30年7月6日公布)「働き方改革」よく耳にするフレーズですが本当の意味を理解できているでしょうか?

働き方改革の目指すものとして厚生労働省のホームページには以下の様に掲載されています。

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。(厚生労働省HPより)

「働き方改革」は、日本の企業文化、日本人のライフスタイル、日本の働くということに対する考え方そのものに着手する改革です。一人ひとりの意思や能力、そして置かれた個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択可能とする社会を追求する働き方改革を進めていくことで、人々のワーク・ライフ・バランスの実現、生産性の向上を目指し、企業文化や風土を変えようと考えています。したがって無関係な人はいないと思いますので興味を持ちしっかり向き合う必要があると考えます。

【宮地賢一】

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 宮地

 

 

 

 

 

☆ キャッシュを増やすヒケツはこちら → http://www.smc-g.co.jp/cashacademy/blog/