本日ブログ担当の新藤です。

今年も甲子園は熱かったです。感動をたくさんもらいました。
高知商業主将の山中君は、生まれつき2本指という障害を持ちながらも、人の倍以上の努力をして夢の舞台甲子園に立ちました。「心の鎖」を断ち切ったのです。

サーカスで小さい頃から育てられた象は、どんなに細い鎖でつながれていても、決して逃げることはありません。小さい時に、鎖をちぎろうと何度も試みて失敗した経験から、「自分は鎖をちぎることはできない」と思い込んでしまったのです。大きくなって、鎖を簡単に引きちぎれるようになっても、だめだと思い込んでしまった象は、二度と逃げようとはしないそうです。

私たちも、象のようにたくさんの鎖でつながれています。「自分は○○だから」「自分には○○はできない」とうい「思い込みの鎖」が、一歩前へ踏み出す邪魔をします。でも、できないと思っていたことが、実は今できるようになっているかもしれません。もしかしたら明日には、できるようになっているかもしれません。
昨日までの限界は、今日超える事ができる。それがだめでも、明日はできる。そう信じて、諦めずに努力する。毎年高校野球を見ていると、そんな勇気とパワーをもらいます。
「今日より、もっといい明日にしたい」「去年より、もっといい1年にしたい」と誰もが思うのではないでしょうか。「どうせ私なんて」と考えたくなる時もあります。そんな自分を縛り付ける「心の鎖」を断ち切って、いろんな事にチャレンジしていきたいものです。

今年は40℃を超えるような暑い日々が続きましたが、やっぱり私は夏が好き。
来年の甲子園、楽しみです。

【新藤真弓】

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 新藤

 

 

 

 

☆ キャッシュを増やすヒケツはこちら → http://www.smc-g.co.jp/cashacademy/blog/