株式会社瑞穂サービス    代表取締役 小荒田 和典 様

なぜ先行経営をしようと思いましたか?
入社して10年ほどで代表にして頂き、その後もそれなりにいい業績で推移していました。中学からの同級生も僕が入社して一年ほどして一緒に加わってくれ、その後現場のことはすべて彼が取り仕切ってくれるようになりました。そんな中、自分の存在意義について深く考えるようになりました。

先行経営をしていかがでしたか?
「僕なんていなくても会社はうまくいくんじゃないか?」と自問する中で、この先行経営に出会いました。五年後にどうしたいのか?なぜそうしたいのか?など色々深く掘り下げるうちに「従業員、顧客、またその家族すべての瑞穂サービスにかかわる人を幸せにしていきたい。」と強く思うようになりました。
おおきな夢を持つようになり、日々経営者としての役割をこなそうと努力しています。以前とは見違えるほどの充実した日々を過ごせています。夢の種類も語る相手も変わってきました。それが伝わってか周りの皆も明るい未来へ向かって、少しずつ日々成長しています。今後‘かかわる人’を一人でも増やしていくのが僕の務めです。

もし先行経営をしていなかったら?
なんとなくやって、自分の近しい人達だけにしか目がいかなかったと思います。大義がなく毎年過ごした後の、五年後になっていたと思います。
この先行経営のおかげですべてのかかわる人々が幸せに過ごせ、日々成長していった上での五年後になっていることを望みます。