ベンチャーキャピタルから資金調達

ベンチャーキャピタルって何?


ベンチャーキャピタルとは簡単に言うと、将来発展していくであろう企業に対し出資、投資を行う組織のことを言います。ポイントは、お金を貸すわけではなく、出資を行うということです。
お金の貸し借りとなると、具体的な返済期間が設定されますが、出資には返済期間の取り決めはありません。
多くのベンチャー企業は、事業内容がすばらしく、十分に発展していく可能性が高いのに、お金に余裕がないため、その事業を実行することが困難な場合があります。
そこでその発展を見込んで投資をするのがベンチャーキャピタルなのです。

ベンチャーキャピタルの仕組み


企業への投資を行うベンチャーキャピタルの利益はどこからくるのでしょうか。
ベンチャーキャピタルは、投資した企業が発展に伴い株式を公開し、その公開した株式を高い値段で売り抜くことで利益を得ています。
ベンチャーキャピタルが投資している会社は、将来的に、上場するであろうと見込まれる会社が多く、上場前の中小企業に出資し、株主となり、上場後に、その株を売却することで、多額の利益を得ます。
しかし、投資をした企業がなかなか発展せず株式を売ることができなかった場合や、他の会社へ事業を売ることができなかった場合は、ベンチャーキャピタルの投資は失敗ということになり、利益を得ることはできません。

資金調達の特徴


ベンチャーキャピタルが入ることにより、「ベンチャーキャピタルから評価されている」とみられ、出資の追加がしやすくなります。また、企業が発展していき結果を出すことで更なる信頼を受け、今後の資金調達が進みます。
さらに、ベンチャーキャピタルからの資金調達に成功すると、金融機関からの資金調達もしやすくなるケースがあります。
また、企業の発展がうまくいかず失敗してしまっても、銀行借入のように資金の返済は必要ありません。
ただし、良い点だけではなく、デメリットもあります。
出資を受ける側の為、ベンチャーキャピタルから経営に対する注文は多くなります。
企業側も出資を受けているため、なかなか逆らうこともできず、自ら描いた経営計画を進めて行くことができない場合もあります。
また、株式公開を焦るがあまり、費用の負担が多くなり逆効果になってしまう可能性があります。
もう一つ忘れてはいけないのが、儲けが出た場合には、多くの配当を払うことになります。配当金は、借入金の利息と比べると多額になることもあり、経費にもならないため、借入の方がよい!と考える経営者もいます。

ベンチャーキャピタルは、資金調達の一つの方法ととらえ、そのメリット・デメリットをしっかり押さえておくと良いでしょう。

『キャッシュを増やすヒケツ』について記事を書いております。様々な方向からキャッシュについて知って頂けます。こちらもぜひご覧ください。
キャッシュを増やすヒケツはこちらから→http://www.smc-g.co.jp/cashacademy/blog/