本日ブログ担当の小島です。

 先日人身事故の影響で電車が2時間ほど停まりました。帰宅時間と重なったため、たくさんの人が帰ることができない状況になってしまい、私が帰るときにも、駅にはまだまだたくさんの人がいました。幸い電車の運転は再開されていましたが、乗った電車はぎゅうぎゅうで、身動きが取れないほどでした。数えるほどしか満員電車に乗ったことがないため、最寄り駅に着いたときにはとっても疲れていました。

 その日に乗った電車はどれくらい混んでいたのだろうと思い調べてみると、満員電車の混雑率というものを見つけました。混雑率というのは国土交通省が定義しているもので、

混雑率100%
・・・定員乗車(座席につくか、吊革につかまるか、ドア付近の手すりにつかまる事ができる)
混雑率150%
・・・広げて楽に新聞を読める
混雑率180%
・・・折りたたむなど無理をすれば新聞を読める
・混雑率200%
・・・体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める
・混雑率250%
・・・電車が揺れる度にからだが斜めになって身動きができず、手も動かせない

と書かれていました。その日の電車は週刊誌も読めないほど混雑していたので、200%は超えていたなと思います。

 混雑していて、多くの人がイライラしてしまう満員電車ですが、そのときにどれだけ周りのことを考えられるかが重要だなと思いました。それは仕事にも通ずるところがあると思います。自分のことだけではなく、周りの人のことを考えて行動できるようになろうと思いました。

 

<担当>

SMC税理士法人

会計・税務スタッフ 小島

【キャッシュを増やすヒケツ】はこちらから!

経営のお役立ち情報を発信しておりますので是非ご覧ください!