株式会社 はすのこ~む代表取締役 鈴木 猛文 様
なぜ先行経営をしようと思いましたか?

 まだ社長就任前、強運経営者塾の塾長であった曽根先生より半ば強制的に受ける事になりました。とは言うものの、それまでの経営内容は、デベロッパーからの賃貸物件メインで他との差別化を模索していた為、チャレンジしてみました。

先行経営をしていかがでしたか?

 売上全体の2割程度が医療、介護のお客様だったのですが、今まで培った経験を活かし医療・介護施設に特化する事が自社の強みとなると曽根先生より進めて頂き、ホームページもリニューアルし、医療、介護に強い工務店として堂々と提示することにしました。
 そして行動計画を立て、医療系設計事務所と接する機会を見つけることにしました。このことで医療コンサルルートより入札物件に参加し、調剤薬局ルートからも紹介して頂けるようになり、今では賃貸物件と同じ割合にまでなりました。賃貸物件と医療介護の2本立てが基盤になり他の事への挑戦も可能になりました。
 感謝するとともに、今後も色々な事への探求心を持ち、先行経営を続けて行きたいと思います。

もし先行経営をしていなかったら?

 賃貸物件にすがり相手の状況に右往左往していたと思います。工務店としてまだまだ発展途上ではありますが、特化する事で、挑戦できる武器が習得でき、様々な物件に生かす事が可能になり、業績も伸び、社員のモチベーションも上がっています。
 月毎に経営状況を把握し、計画からのズレを修正し進められる事も次につながっていると思います。今後においても、AI、IOTと変化に伴い改善して進めたいと考えています。