本日ブログ担当の伊佐治です。

中津川出身ですので名物の五平餅についてお話しします。
小さい頃から慣れ親しんでいる五平餅。
みんな知っているものと思っていましたがあまり知名度が高くない事を知り驚きました。
形はおにぎり型やきりたんぽ型、わらじ型、だんご型などさまざまな形があります。
わらじ型はNHK朝ドラ「半分、青い」で鈴愛(永野芽郁)の祖父・仙吉(中村雅俊)の得意料理として全国に知れ渡りましたね。
私はわらじ型とだんご型をよく食べていました。そこで私流のわらじ型の食べ方をご紹介致します。
① 串までの右半分を食す。
② 串までの左半分を食す。
③ 串の上に残っている部分を剥がしながら食す
④ 反対の串の上に残っている部分を剥がしながら食す。

といった感じです。文章能力が低く、伝わりにくいですよね。
すいません。
そしてあまり行儀の良い食べ方ではない気もしますが、、、。

食べ方はどうであれ、中津川名物の五平餅をテレビで取り上げてもらうことで観光客も増え地元が活性化され嬉しく思います。

最後に私のお勧めの五平餅のお店をご紹介します。
クアリゾート湯舟沢の道向かいにある「湯舟沢五平餅たこ焼」です。
子供とクアリゾートに行った帰りにお持ち帰りをします。だんご型で甘辛く香ばしい味に子供も夢中になって食べています。
先日持ち帰る際、包装紙に包まれた状態で渡されたので
「ビニール袋を頂けますか?」と聞いたところ、「焼きたてなのでビニール袋に入れるとタレが下に落ちてしまうので冷めてからビニール袋に入れて下さいね。」といわれました。
そこまで考えた上での梱包方法だったと初めて知り、心温まる出来事でした。
昔から続くおもてなしの心を感じました。

 

<担当>

会計ファクトリー

会計・税務グループ 伊佐治 佳代

【キャッシュを増やすヒケツ】はこちらから!

経営のお役立ち情報を発信しておりますので是非ご覧ください!