本日ブログ担当の山本里江です
 先日、なばなの里に行ってきました。イルミネーションをメインに行ったのですが、「カワヅザクラ」という桜が満開でした。
 桜と言えば「ソメイヨシノ」しか知らない私は、そもそも桜は何種類くらいあるのかと思い調べてみるとあるわあるわ「100種類以上の自生種があり、さらにこれらから育成された栽培品種が200種あり、分類によっては600種を越えるとされる」ということでした。
 名古屋の東区でも早咲きの桜「オオカンザクラ」と「カンヒザクラ」が話題になっていたので比較してみると、

カワヅザクラ 
1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜です。
花は桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノよりも桃色が濃い。
また花期が1ヶ月と長い。

 
オオカンザクラ
開花時期は、ソメイヨシノより1週間ほど早く、年によっては3月初旬に咲き始めます。
花は半開状で、下を向いて咲きます。

 
カンヒザクラ
開花時期は、3月中旬です。
花は小輪、一重咲きで薄紅紫色です。また、釣り鐘状の花が特徴です。
下向きに咲く花やぱっと大きく開かない花が多く見られます。

 
ソメイヨシノ
開花時期は3月下旬です。
花弁は5枚で葉が出る前に花が咲き、満開となります。
咲き始めは淡紅色、満開になると白色に近づく。

一言で「さくら」と言っても、色も咲く時期も咲き方もそれぞれで、わたしたち見るものに安らぎを与えてくれる花だと感じました。

 なばなの里では逆さ富士ならぬ逆ささくらも見事でした!
是非足を運んでみてください。

 
【R.Y】SMC総研のスタッフとして、先行経営資料や議事録の作成等を担当しています。先行経営の素晴らしさを広めていけるようサポートしていきたいと思います。
<担当>

SMC総研

スタッフ 山本 里江

【キャッシュを増やすヒケツ】はこちらから!

経営のお役立ち情報を発信しておりますので是非ご覧ください!