平素は、私どもSMCグループの活動にご協力賜りまして誠にありがとうございます。
今月は「成功」について考えてみたいと思います。
 社会労務士法人絆の山口社会保険労務士からご紹介ただいた「グランボルツに学ぶ夢のあきらめ方」を読んで、とても勉強になりました。「夢のあきらめ方」と言われると消極的な感じがしますが、読んでみると意外なことが書いてあります。「夢をあきらめる」というより、「夢を変える」といった内容です。
 例えば、私が吉永小百合さんのような女性と結婚したいという夢を持っていたとします。その夢を持ち続けると、私は一生結婚しないことになってしまうでしょう。そこで吉永小百合さんと結婚するという夢をあきらめて、賀来千香子さんに似た女性と結婚しようという夢に変えることによって夢を実現できたのです。これはビジネスの世界でも通用する考え方です。夢を変えて夢を実現するのです。是非、参考にしてください。

偶然の出来事を成功に結び付ける5つの条件

①好奇心 = 興味を持つこと
               ↓
②冒険心 = 失敗を恐れないこと
               ↓
③楽観性 = くよくよし過ぎないこと
               ↓
④持続性 = 飽きずに続けること
               ↓
⑤柔軟性 = 他人の意見も聞くこと

 さて、この書籍に出てきた5つの条件がとても参考になりました。私なりの解釈をつけてご紹介します。
①好奇心—–何にでも好奇心を持って、常に新しい情報を収集し続けること。興味のあることには好奇心を示しても、興味のないことには全く見向きすらしない、という人が多くいます。しかし、これでは成功に結び付く出来事と出会うことは決してできません。自分の興味のないことでも好奇心を持つことがとても大事です。

②冒険心—–何にでも挑戦する冒険心を持つこと。新しいことに挑戦すれば殆どが失敗します。しかし、失敗を恐れていると挑戦ができなくなってしまいます。成功の反対は失敗ではなく、挑戦しないことなのです。成功と失敗の共通点は挑戦した結果であることなのです。

③楽観性—–チャレンジして失敗したら、失敗の原因を追究する反省はしなければなりませんが、失敗にくよくよして長く尾を引いてはいけません。失敗はもう取り返せないのです。

④持続性—–一度挑戦したならば、一度や二度の失敗であきらめないこと。何度失敗しても成功するまでやり続ければ、その過程で起きたことは決して失敗ではなく、成功への道筋となります。失敗してもあきらめずにやり続けることです。

⑤柔軟性—–いつも他人の意見を素直に聞くこと。少し調子がよくなると、天狗になって人の意見を聞かなくなる人がいます。人の意見は、自分にない視点を持った有難い忠告なのです。常に人の意見を聞く耳を持ちましょう。

 以上の5つの条件を行動に移すことができれば、始まりは単なる偶然の出来事だったとしても、結果を大成功へと導くことが出来ます。是非、5つの条件を実践してみましょう。