キャッシュフロー計算書でわかる、優良企業・普通企業・危険企業の違い

 キャッシュフロー計算書は、貸借対照表、損益計算書と並ぶ、財務諸表の一つです。
またキャッシュフロー計算書の表示区分は”営業活動”、”投資活動”、そして”財務活動”によるキャッシュフローの3つに区分されています。

営業活動によるキャッシュフロー


 営業活動によるキャッシュフローは、いわゆる本業におけるキャッシュの流れを表し、売掛金の入金や買掛金の支払、経費・人件費の支払、借入金の利息、税金の支払等が計算されています。営業キャッシュフローがプラスであれば、良好な資金が会社に入ってきていることが分かります。

投資活動によるキャッシュフロー計算書


 投資活動によるキャッシュフローでは、営業活動以外での資産に関わる全ての資金の動きを見ることができます。具体的には、固定資産の売却、定期預金の積立、保険料の保険積立金等が挙げられます。
将来のために投資活動を積極的に行っている会社では、投資キャッシュフローがマイナスになる傾向があり、逆に会社の持つ土地や建物、株式等の固定資産を売って得られた資金は、投資キャッシュフローでプラスとなっています。

財務活動によるキャッシュフロー計算書


 財務活動によるキャッシュフローでは、営業活動以外での負債と純資産の部に関わる全ての資金の動きが分かります。具体的には、銀行からの借入金の入金・元金返済、株式や債券の発行、配当金等が挙げられます。
財務キャッシュフローがマイナスであれば、負債が減少しているということです。
営業活動により得たキャッシュを返済に充てることが理想ですが、新たな投資のために資金調達をしたのであれば、財務キャッシュフローはプラスになることがあります。

自社の体質を知る


 それぞれのキャッシュフロー計算書の特徴が分かったところで、3つの区分のキャッシュフローで自社の資金の流れを見てみましょう。
 「優良」企業であれば、営業キャッシュフローが+、投資キャッシュフローが△、財務キャッシュフローが△になります。これは本業から得たキャッシュが潤沢で、新規事業への投資も積極的、返済も順調、且つ資金にも余剰がある事を表しています。
一方「普通」となった企業はどうでしょうか。優良企業と異なるのは、財務キャッシュフローが+になっている事です。本業から得たキャッシュがあり、新規事業への投資も積極的ではありますが、資金の不足を補うために借入によりキャッシュを増やしていることが分かります。
 「危険」となった企業は、本業によるキャッシュが増えず、資産を売却して資金調達し、さらに借入による資金調達も行っているという、危険なキャッシュフローのパターンです。損益計算書上は好調に見える企業でも、キャッシュの流れを見ると、売掛債権の回収が滞り、資産の売却や借入による資金調達をしているかもしれません。自社の資金の流れを把握するためにも、キャッシュフロー計算書を確認してみてはいかがでしょうか。

『キャッシュを増やすヒケツ』について記事を書いております。様々な方向からキャッシュについて知って頂けます。こちらもぜひご覧ください。
キャッシュを増やすヒケツはこちらから→https://www.smc-g.co.jp/cashacademy/blog/