平素は、私どもSMCグループの活動にご協力賜りまして誠にありがとうございます。
今月は「組織」について考えてみたいと思います。

 組織は人の集団ですが、そこには必ず人に関する法則があります。法則で有名なのが「パレートの法則」です。パレートの法則とは、一般に経済において、全体の数値の大部分(80%)は、全体を構成する内の一部の要素(20%)が生み出しているという法則で、「80対20の法則」と呼ばれることもあります。例えば、「売上の8割は、全顧客の上位2割が占めている」「売上の8割は、全商品の内の2割の品目によって作られている」などです。

2:6:2の原則


A:上位20% 自ら考え自ら行動できる優秀な人財
B:中位:60% 言われたことは問題なくこなすことが出来る普通の人材
C:下位:20% 言われたこともまともにできない出来の悪い人材(人罪)

言い換えれば、「優秀な人2割」「普通の人6割」「パッとしない人2割」。組織の中の人は必ず自然発生的に2:6:2の内訳になるという法則です。

パレートの法則は、上位20%とその他の80%に分けて上位20%に焦点を当てていますが、私はその他の80%にも焦点を当てる必要があると思っています。特に「組織」に関しては「2:6:2」で考えることが有効です。

 通常、どんな組織でも、A:優秀な人20%、B:普通の人80%、C:出来ない20%から構成されているものです。あなたの会社の社員を思い浮かべて、ABCに分類してみてください。恐らく、2:6:2になったと思います。

 そこで、出来ない20%の人を組織から排除し、新たに普通の人を採用すれば、優秀な人20%と普通の人80%になると思う経営者が多いと思います。ところが現実は、やはり2:6:2になってしまうのです。普通の80%の中から出来ない人20%が新たに落ちてくるのです。出来ない下位20%の人を排除しても必ず、新たに出来ない人が出てくるのです。これは組織の必然なのです。野球チームで言えば、全員4番バッターを揃えたとしても、8番・9番を打つ人が必要なのです。組織でも必ず、下位20%の人が必要なのです。言い換えれば、その人達がいるからこそ、普通の人60%が存在することが出来るのです。これが組織の宿命なのです。中小企業の経営者で「当社は少人数で良いので、優秀な社員だけで構成したい」などと、組織のことを全く分かっていないお目出度い経営者もいます。

 出来ない20%の人を辞めさせて、新たに辞めた人より優秀な人を採用することを繰り返していけば、下位の人のレベルも少しずつ上がるような気がします。しかし、そんな単純な話ではないのです。何度、ダメ社員を辞めさせ、優秀な社員を採用して社員を入れ替えても、下位20%のレベルは決して上がりません。ABCのレベルを相対的に上げるためには、社員ではなく経営者のレベルを上げなければならないのです。つまり、経営者のレベルが社員の相対的なレベルを決めているのです。経営者の能力のレベルが上がれば、社員も自ずと上がるものなのです。