Y社様

先日ある銀行に、開業直後のパン屋さんの相談をされました。開業直後なので、もちろん売上が最重要課題です。しかし売上とともに利益を残すことを考えないと、生活をしていくことが出来ません。このお店は他にはないパン好きな人に人気の商品を販売しており、売上も順調だとお聞きしました。

私たちがお聞きしたいのはその先です。
「奥さまは一緒に働いていらっしゃいますか?」「お子さんはいらっしゃいますか?」
「家は購入されていますか?」「借金の返済は年間いくらですか?何年続きますか?」
今年の売上や利益だけではダメなのです。
私が必ず考えるのは、このパン屋さんのご家族の未来のことです。
ずっと売上は保てるのだろうか、15年後もこの利益が続くだろうか、続いたとしてもこの利益だけではお子さんが大学生のときに家計が苦しくなってしまわないだろうか、売上が下がったら返済が苦しくないだろうか、ご病気になったときはどうするのだろうか等、5年後10年後、更には20年後のことまで考える必要があると思います。

開業直後で毎日の売上のことも重要ですが、将来の目標をきちんと持っていれば、キャッシュを使わないで蓄えておくことにも気づいて下さると思います。

そして5年後は常に進化することを教えてくれた会社があります。それがY社様です。
2012年のスタートの売上は2,000万円程でした。その頃の社長が考えられる5年後の売上目標は5,000万円。その売上さえまったく未知の世界です。
先行経営で目標に向かって行動を考えますが、当初考えていた戦略はなかなか上手くいきません。
それでも毎月数字を見ながら、正しいリスクを把握しながら行動していったことで、まったく違う戦略が生まれてきました。1年後の売上は2,800万円でした。

売上2,000万円の時の5年後の売上目標は5,000万円でしたが、1つステージを上がった位置から臨む5年後は、なんと1億円の売上目標となっていました。
次の年に立てた5年後は1億5,000万円、その次の年は2億円、そして今は3億円の5年後を目指しています。
ところで成果はどうなのでしょうか?
スタートした2012年の5年後、つまり2017年の売上目標は5,000万円でしたよね?
実際の2017年の売上は、なんと9,430万円!
当初見えていなかった5年後の5,000万円という売上目標をはるかに上回る成果です。
これこそ社長が5年後を見る価値です。常に高いレベルに自分を置くことで、当初立てた計画は単なる通過点となるのです。
1つ階段を上がると、見えてくる景色が変わります。変わることで新たな5年後が見えるのです。

Y社様の次のステージである3億円、楽しみにしています。