15000社の決算書を見てきた会計事務所が教えるキャッシュを増やす塾

今すぐ無料登録

キャッシュを増やす塾から一社でも多くの創業百年企業を創出していきます。 SMCグループ 代表 曽根康正

キャッシュを増やす塾を設立した経緯

会社を創業してキャッシュがなくなったために倒産・廃業に追い込まれる会社を本当に多く見てきました。

中には自殺をされた経営者もいました。これは会社を継続・発展するためにはキャッシュが最も重要という知識を誰からも教えられなかったために起こった悲劇です。

キャッシュが重要であり、キャッシュを自由にコントロールすることができれば会社は継続して成長することができるものです。そこで、この塾ではキャッシュの重要性を理解すると共にそのキャッシュを自由にコントロールできる経営者を一人でも多く輩出したいとの思いでこのキャッシュを増やす塾を設立いたしました。

ビジョン 塾の目指す方向性

キャッシュの重要性を知ってもらい、その増やし方・使い方を通じてつぶれない会社からさらには成長する会社の経営ができる塾生を育て上げること。そして、同じ志を持った塾生同士が仲間となって、お互いに競い合って会社を良くしていくこと。
  • ①キャッシュの重要性を知ることが出来る
  • ②キャッシュの増やし方を知ることが出来る
  • ③キャッシュの使い方を知ることが出来る
  • ④つぶれない会社を作ることが出来る
  • ⑤成長する会社を作ることが出来る
  • ⑥同じ志を持った仲間を作ることが出来る
曽根康正
SMCグループ 代表 曽根 康正プロフィール
  • 1959年6月8日生まれ
  • 1983年3月慶應義塾大学卒業/1988年12月監査法人トーマツ退社
  • 1989年1月曽根公認会計士事務所開業/2007年4月SMC税理士法人設立/
  • 2014年1月 SMCグループをホールディングス化
  • 株式会社SMCホールディングス, SMC税理士法人, 株式会社会計ファクトリー, 株式会社SMC総研, 株式会社SMC-POWER, 有限会社セリアン
執筆実績
  • 「伸びる会社づくりの手順を教えます」 共著 中経出版
  • 自分の会社を100年続く企業に変える法」 曽根康正著 明日香出版

商工会議所、中小企業家同友会、青年会議所、大手生命保険会社などでの講演実績は年間100回程度

  • SMCグループの顧問先数約500社
  • SMCグループの関与先黒字化率は80%以上
  • 過去に指導した企業数 2000社以上

推薦者の声

西田文郎
西田文郎 にしだ ふみお
株式会社サンリ 会長
日本の経営者、ビジネスマンの能力開発指導にたずさわり大脳生理学と心理学を利用して脳の機能にアプローチする画期的なノウハウ『スーパーブレイントレーニングシステム』を構築。驚異的なトップビジネスマンを数多く育成している。

私は、長年、日本の経営者の皆様に大変厳しいお話をして来ました。その中には、こんな言葉があります。

「30年続かない会社は、会社ではない!ただの無知な人間の集まりなのである!」
「お金の相談は税理士にするな!90%の税理士は、お金の事が分かってない!」というような大変失礼な話です。これは、今まで、多くの税理士さんは「税務」と「会計」は分かっていますが「財務戦略」が分かっていないので日本の企業は潰れて行くのです。「日本の企業の生存率」というので、よく国税庁のデータが用いられたりしています。

それには、設立5年で約85%の企業がなくなり、10年以上存続できる企業は6.3%で20年存続している企業は0.4%で30年では0.021%というものです。

国税庁の調査より、私の体験で、潰れていく企業の現実的な数字はこれ位なのではないかと思っています。 設立1年後の生存率:95% 設立5年後の生存率:60% 設立10年後の生存率:40% 設立20年後の生存率:20% 設立30年後の生存率:10% これらの企業のほとんどは資金ショートで潰れています。

日本の中小企業の経営者が財務(お金)に強くならなければ 日本経済は良くなりません。

将棋や囲碁に定石がある様に、経営にも定石があります。

この勉強会は、日本経済に貢献出来る、その一番大切な「経営の定石」を学べる非常に少ない勉強会だと思います。

長谷川嘉哉
長谷川嘉哉 はせがわ よしや
ブレイングループ 理事長
医学博士。祖父が認知症になった経験から医師の道を志す。診療内容は、病気だけでなく生活、家族も診るライフドクター®として医療、介護から民間保険の有効利用にまで及ぶ。認知症専門医として地方のクリニックでありながら全国から毎月1,000名程の認知症患者さんが受診される。在宅医療では開業以来、50,000件以上の訪問診療、500人以上の在宅看取りを実践している。現在、医療法人ブレイングループ理事長として、在宅生活を医療介護福祉のあらゆる分野で支えるサービスを展開している。

使い古された言葉ですが、経営において最も重要なものはキャッシュです。

潤沢なキャッシュは、経営者の精神的安定を導き、正しい経営判断につながります。
逆にキャッシュが乏しいと、投資をためらい、大きな機会損失を被ります。
しかし現実には、「利益が出ているがキャッシュが少ない会社」が多いのではないでしょうか?私は、SMC税理士法人の指導の下、キャッシュを手にするための具体的な方法を学びました。

1)銀行借入における、金利以上の期間の重要性
2)売掛金と買掛金のサイトの整合性
3)くだらない節税が、いかにキャッシュを悪くさせるか
などです。

お蔭様で、利益だけでなく潤沢なキャッシュを手に入れることができました。

どうぞ、SMC税理士法人の「キャッシュを増やす塾」を受講されることで、経済的自由だけでなく精神的自由を手に入れてください。

キャッシュを増やす塾の特徴・メリット

  • 1. キャッシュPDCA
    キャッシュを増やすPDCAでキャッシュを増やすことができる。
  • 2. ノウハウ習得
    健全にキャッシュを増やすノウハウを習得することができる。
  • 3. 刺激的な交流
    キャッシュ増やす目標を持った塾の仲間からの刺激を受け行動を継続できる。
  • 4. 専門講義
    資金繰り改善、業績アップの経営支援のプロによる、キャッシュ専門講義を受講できる。
  • 5. キャッシュ戦略
    健全な資金調達方法とキャッシュフロー経営、キャッシュ戦略を学べる。
  • 6. モニタリング
    具体的な行動計画とモニタリングにより、キャッシュを増やしていくことを実感できる。
  • 7. 競争意識が持てる
    他の経営者と一緒にキャッシュを増やしていくので競争意識が持てる。
  • 8. 同志と目標達成
    同じ志を持った仲間を作ることが出来る。

Facebook

SMCグループ

愛知県名古屋市 中村区名駅 4丁目5-27 大一名駅ビル5F

Copyright © SMC All rights reserved.