みなさん経営計画書を毎年作っていますか?
経営計画書といっても、5~10年後を描いた中期経営計画書、当期の具体的計画を描いた単年度経営計画などがあります。

経営計画書を実際に作成されている中小企業の経営者は、全体の20%以下です。
「作った方が良いと分かってはいるけれど、なかなか作ることができない」というのが多くの経営者ではないでしょうか。

では、なぜ作らないのでしょうか。

経営者が経営計画を作らない理由

「計画を作っても、どうせ絵に描いた餅になり実現できないので無駄」
これが、もっとも多い理由だと思います。

苦労して作っても、従業員は誰も理解してくれず実行できない・・・。
計画を実行できない要因が次々と発生する・・・。
計画とズレすぎて計画を実行する気になれない・・・。

経営者の中には、何度か経営計画作成にチャレンジし、計画通りに経営する!と決心された経験がある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、なんらかの理由で計画を途中で断念し、経営計画など意味がないと自分に言い聞かせた過去の失敗体験から、「どうせ計画なんて作っても無駄。」「全く意味がない」と思われたのではないかと思います。
実際に、ほとんどの経営者がこの苦い経験されているようです。

経営計画は、ズレるから良い


毎年150件以上の経営計画作成サポートを行う中で、経営計画作成のポイントとして最初に申し上げることがあります。
それは「経営計画は、ズレるから良いのです。」の一言です。
なぜズレるから良いのでしょう?

経営計画の解説に良く出てくる「ロケット理論」を例にして考えていきましょう。

地球からロケットで月に行くという経営計画があったとします。
綿密に計画を立て、5年後に月に到着する計画です。
1年目の目標は、大気圏突破に耐えうるメインエンジンの完成です。

研究者全員で総力をあげ1年間開発しましたが、今のコストでは大気圏突破に耐えうるエンジンを作ることができないと分かりました。
計画と実績に大きなズレが生じた訳です。
これがとても重要なのです。

もし計画がなく、「月に行きたい」という願望だけがあったとします。

この場合、研究者全員で総力を挙げて頑張っているから必ず月に行けるはず・・。
計画がないのでズレていることにさえ気づかない。分かるのは頑張ったか頑張っていないか、だけなのです。
これでは、いつまでたっても月にはいけないと思いませんか。

1年目の計画は、大気圏突破に耐えうるメインエンジンを完成させることでしたので、完成できていなければ、計画と大きくズレたことが分かります。

計画とズレたことが分かれば、どうすればコストを下げ、エンジンを完成させられるかという、修正行動をとることができます。
「ズレに気づき、早い段階で修正行動を取ることができる」
これが経営計画を作る最大のメリットです。

「経営計画は、ズレるから良い。」とは、このことを意味しています。

まとめ

経営計画を作って、ズレたことに気づき修正行動をとり続けること。
これがワクワクする目標を達成する唯一の方法なのです。

しかし、続けていくことが難しく、続けるには仲間や専門家によるチェックが必要です。

弊社が主催する「キャッシュを増やす塾」では、ズレから気づいた課題を塾の中で報告し、課題解決のヒントを、専門家や塾生同士のアドバイスの中から見つけ出します。
計画した具体的解決方法 (P)は、次回までの宿題として持ち帰り、実際に行動します (D) 。
次回の塾で結果を報告してチェックしてもらい(C)、さらに改善点を見つけるのです (A) 。

このPDCAを毎月回し続ける仕組みが、目標達成の近道となります。

PDCAを回せるしくみ「キャッシュを増やす塾」は、初回お試しで受講できます。
いつでもお気楽にお問い合わせくださいませ。

勉強が分からなくなったら、参考書? 塾? 家庭教師?
経営に困ったら、ビジネス本? セミナー? コンサルタント? それともキャッシュ塾?

「キャッシュを増やす塾」お問い合わせはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.smc-g.co.jp/cashacademy/

キャッシュを増やす塾