経営を学べるメールマガジン、定期配信しているので読み忘れがなくなります!

キャッシュを増やすヒケツメルマガ登録

皆さんの会社では、どなたが経理をなさっていますか。

会社を起業したときは、社長自らが行い、忙しくなってきたら奥さんに任せ、一人で手に負えなくなってきたら事務員さんを採用・・・、というパターンが多いと思います。
会社の命はキャッシュ、そのキャッシュを管理するのが経理の役割です。

したがって、キャッシュの重要性を理解している人に経理を任せなくてはいけません。
一方「会計・経理が会社を潰してしまう」とも言われます。会計では利益が出ているけれどキャッシュがない、いわゆる黒字倒産がその典型でしょう。

私も過去に経理をしていたことがあります。請求書や領収書を作ったり、小切手や手形を振り出したり、現金出納帳をつけたり、建築業でしたから工事台帳もつけました。
また会計事務所に勤務しておりますので、頂いた帳簿で試算表を作り、決算書や申告書を作りました。
ですがどちらも処理業務、いわゆる経営とは全く無縁だったと思います。

もうお分かりでしょうか。上記の経理や会計処理には「財務」の考えが全くないからです。そしてどちらかと言うと「過去」のもの。多少の資金繰りは分かりますし、事業の損益も見ることができます。
しかし、経営に必要な「未来」の戦略など考えたこともありませんでした。

経理処理によって分かった数字を使って経営を管理していくのが「経営管理」つまり経理なのです。
経営管理に必要なのは、伝票の整理や帳簿つけだけではありません。数字によって表れた粗利、利益と借入金返済額のバランス、売掛金の回収期間、仕入れた在庫の回転率、将来の投資に対する計画、人材採用、税金への蓄え等、ありとあらゆるキャッシュがここに関わっているのです。
これを全て経理事務の方が出来るでしょうか。

質問に戻りましょう。

優秀な経理は、処理だけでなく未収の管理をしてくれます。また無駄な経費が増えてきたら削減を考えます。当座預金や普通預金の残高が少なくなったら教えてくれ、毎月の支払いに備えた大よその資金繰りも把握していらっしゃいます。それでもここまでです。
いくら優秀な経理担当者がいても、財務を把握して経営を考えるのはやっぱり経営者なのです。

私たちは多くの経営者にお会いする機会を頂いております。売上を伸ばすのに長けていらっしゃる経営者なのに、それほど儲かっていないのをよく見ます。同時に経理をなさっている奥様が、いつも資金繰りに頭を抱えていらっしゃるのも事実です。

それは経営者の方が、経理をご覧になっていないからです。新しい取引先が増え、売上が増えていることで、会社の経営が上向きになっていると勘違いしていらっしゃる。
売上を伸ばすために、多くの投資と借入をし、研究開発や人材に投資し、展示会や交際費の出費がかさんではいないでしょうか。
「数字は行動の影」です。数字を見れば、経営者の行動が分かり、経営者の行動が分かれば、次にそれを利益にすることを考えていかなくてはいけません。

もし社長が、数字を分析して経営とキャッシュの道筋を立てることが出来ないのであれば、その時こそプロのチカラを借りることです。分からないのであれば学ぶことです。

繰り返しますが、経理処理は事務員さんにしてもらっても、その数字を把握して経営管理を行うのは経営者です。

数字を理解し、行動をチェックできる「キャッシュを増やす塾」は、初回お試しで受講できます。
いつでもお気楽にお問い合わせくださいませ。

勉強が分からなくなったら、参考書? 塾? 家庭教師?
経営に困ったら、ビジネス本? セミナー? コンサルタント? それともキャッシュ塾?

「キャッシュを増やす塾」お問い合わせはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

キャッシュを増やす塾