会社経営において最も大切なのはキャッシュ(お金)です。売上が激減しても赤字決算が続いても会社は決して潰れません。いつ潰れるのでしょう。それは、キャッシュが無くなった時です。

キャッシュがあれば会社は潰れませんし継続し成長していくのです。

このキャッシュを増やす手段で、最も優れた方法は利益を出すことです。
このため、企業は、利益を出すことにこだわり、利益を出すことを追求し続けるのです。

しかし、利益を出し続けることは難しく、キャッシュが減り資金繰りが悪化する場合もあります。

また、「これ以上銀行から借入ができない。」借入の元金返済額が多すぎてキャッシュの流出が大きい。」などが重なると、さらにキャッシュが厳しくなり、倒産への一歩が始まるかもしれません。

では、どうすれば良いのでしょう。
売上を上げ、利益を出し続けること以外にもキャッシュを増やす方法があるのです。
その方法を3つご紹介します。

粗利の高い商品へシフトしてキャッシュを増やす

年間2億円の売上があったとします。
商品別に売上を区分すると、下記のような構成になりました

A商品 売上1億2000万円 原価8000万円 粗利4000万円(粗利率33.3%)
B商品 売上6000万円 原価3600万円 粗利2400万円(粗利率40%)
C商品 売上2000万円 原価 800万円  粗利 1200万円(粗利率60%)

A商品は、当社の主力商品で年間売上の60%を締めます。
C商品は、売上は少ないですが、最も原価の低い商品です。
キャッシュを増やすためにはどの商品に力を入れますか?

現状のままで十分に利益が出ており、キャッシュも十分であればこのまま事業を拡大すれば良いのですが、現状のままでは、利益が出にくくキャッシュが厳しいということであれば、思い切って粗利の低いA商品を捨て、粗利の高いC商品の売上を伸ばすことに力を入れるべきです。

主力商品をすて、売上を拡大できるか分からない商品にシフトすることは怖い事ですが、売上の規模より粗利率にこだわった経営は大変重要です。

A商品 売上6000万円 原価4000万円 粗利2000万円(粗利率33.3%)
B商品 売上4000万円 原価2400万円 粗利1600万円(粗利率40%)
C商品 売上1億円   原価 4000万円  粗利 6000万円(粗利率60%)

如何ですか。商品の売上構成を変え、粗利の高い商品にシフトすれば、粗利が2000万円増えました。

言い換えるとキャッシュが2000万円増えたわけです。

キャッシュを増やす方法 その1  粗利の高い商品へシフトしてキャッシュを増やす。

売掛金の回収サイトを短くしてキャッシュを増やす

年間の売上が1億2千万円あり、決算期末の売掛金が3000万円あったとします。
年間売上1億2000万を365日で割ると1日売上が計算できます。
(1億2000万÷365日≒328000円)

期末の売掛金3000万を1日売上328000円で割ると売掛金の回収サイトが計算できます。
3000万÷328000円≒91日
売掛金を回収するのに91日(3ヶ月)もかかっていることが分かります。

これでは、いくら売上をあげてもキャッシュは少なく資金繰りは苦しいままです。
そこで、売上は同じで売掛金の回収を20日間短くしてみます。
すると、1日売上328000円×20日=656万円もキャッシュが増える計算になります。

如何ですが、少しでも早く売掛金を回収する。これにより、キャッシュは一気に増え資金繰りが楽になります。

キャッシュを増やす方法 その2  売掛金回収サイトを短くしてキャッシュを増やす

在庫を減らしてキャッシュを増やす

在庫を持つビジネスの場合、在庫量を減らすことによって、キャッシュを増やすことができます。

在庫は現金が商品に変換されたものであり、在庫が売れずに残っている状態は、キャッシュが使えない状態で眠っているのと同じ状態です。

在庫量をチェックする指標の一つに在庫回転率があります。

在庫回転率とは、在庫が一定期間に何回入れ替わったか(回転したか)を表す指標で、数字が大きいほど在庫が早く入れ替わっており、商品が効率よく売れて在庫量が少ないことを示します。

在庫回転率[回] = 一定期間の売上原価合計[円] ÷ 一定期間の平均の在庫額合計[円]

売上が1億2000万円で在庫が2000万円ある場合在庫回転数は、売上 1億2000万円÷在庫2000万=6回転となり、2ヶ月間も商品が在庫として眠っていることを意味します。(12ヶ月÷6回転=2ヶ月)

この在庫を1.5ヶ月=8回転に改善すると、1億2000万円÷8回転=1500万円になり、
キャッシュは500万円増えます。

在庫の回転数を上げると、在庫が減り、キャッシュは増え資金繰りは改善されます。

キャッシュを増やす方法 その3  在庫を減らしてキャッシュを増やす

如何でしょうか。売上を上げ利益を出すことだけが、キャッシュを増やす方法ではありません。

粗利の高い商品にシフトする
売掛金の回収サイトを短くする
在庫を減らす

これらを参考に、キャッシュを増やし、長く続く強い会社になって下さい。

投稿者プロフィール

浅田 和利
浅田 和利
SMCグループ (株)会計ファクトリー 代表取締役
1968年大阪府生まれのB型
東京・千葉の会計事務所を経て、2008年SMCグループに入社。
先行経営(MAS監査)を通じてお客様の経営支援を行っている。