負債による資金調達。今回は借入金の種類について見ていきましょう。

借入金の種類とまとめると、下記のようになります。

<証書借入>

証書借入とは、「金銭消費貸借契約書」という契約書を銀行に差し出して受ける借入で、長期の返済期間での借入で使われます。証書借入は主に設備投資をするときに利用する借入です。

<手形借入>

借入用の手形を銀行に差し入れて融資を受ける方法で、短期の返済期間での借入で使われます。
手形借入は賞与資金や納税資金などの短期の運転資金のためにする借入です。

<手形割引>

売上代金を手形で回収した場合、その手形を銀行が買い取ることによって資金が出される借入れ方法です。
手形も通常短期の運転資金のためにする借入です。

<当座貸越>

融資の極度額を設定し、その極度額までは自由に融資を受けたり返済したりできるという融資方法です。
これも短期の運転資金のためにする借入です。
特に当座貸越は、いつでも借入れをすることができ、いつでも返済することができる、とても便利な借入れ方法なので、是非利用したいものです。

上記4つの借入れのうち、手形割引はなるべく使わないようにしましょう。
最も簡単に借り入れができる方法なので、最後の資金調達の手段としてとっておきます。

企業の状況あるいは銀行の融資態度にもよりますが、借入の難しい順番は①当座貸越、②証書借入、③手形借入の順番です。
難しい順番に借入れを実施するのが理想ですが、中小企業の場合はまず手形借入で実績を作って、設備投資などの時に証書借入をして、最後に当座貸越の枠を取るのが良いでしょう。

銀行からの借入金ではありませんが、役員等からの借入金についても見ていきましょう。

<役員借入金>


役員借入金は銀行借入と同じように企業にとっての収入です。
私はこの役員借入金の活用を積極的に勧めています。勧める理由は2つあります。

1つ目が役員借入金を利用して、損益の平準化ができるからです。
業績が良い時には、目一杯役員報酬をいただいて、その一部を会社に貸し付けるのです。
それにより業績の良い時には役員借入金が増えていきます。

一方、業績が悪くなったときには、役員報酬を減額、あるいはゼロにしてしまいます。
「そんなことしたら生活ができない」という声が聞こえてきそうです。
大丈夫、心配ありません。

貸し付けてあった役員借入金を順次返済してもらって生活をするのです。
つまり、業績の悪い時には役員借入金が減っていくのです。
こうすれば業績の良い時には役員報酬を高くして利益を圧縮し、業績が悪くなったら役員報酬を下げて赤字を圧縮することができます。

2つ目の理由ですが、金融機関が役員借入金を自己資本とみなしてくれるからです。

金融機関が会社の財務内容を判断するとても重要な基準として、自己資本比率があります。
自己資本比率は(純資産÷総資産)で計算しますが、高ければ高いほど良いとされます。
高くするためには分子の純資産を増やすか、分母の総資産を減らすしかありません。

本来、役員借入金は負債であって純資産ではありませんが、多くの場合、金融機関は役員借入金を純資産としてみなすようです。
したがって役員借入金を増やしても自己資本比率は高くなります。

役員借入金を上手に活用して、損益を平準化し、自己資本比率を上げて、会社を良くしていきましょう。

投稿者プロフィール

曽根 康正
曽根 康正
SMCグループ代表、1959年(昭和34年6月8日)に岐阜県多治見市で生まれる。
「社外重役の立場から専門能力を発揮し中小企業を支援する」
というグループ経営目標のもと、東海エリアにおいてNo.1の会計事務所を目指す。