資金繰り


SMC税理士法人では、中小企業における「資金調達」や「資金繰り」に力を入れております。
会社経営のためには、日頃から資金管理を徹底し、金融機関との良好な関係を構築しておくことが重要です。
当税理士法人では、融資経験豊富な元銀行員である代表を始め、渉外スタッフは銀行融資プランナーの資格を有しています。
税務について豊富な知識と経験を持つ専門家であることは勿論、税理士業務の垣根を超えて、クライアント様の円滑な資金運営をサポートする、新・税理士業務を積極的に行っています。
  • 銀行からの資金調達

    このランクごとに、資金融資の金額や可否が決定します。
    したがって、この銀行格付けは資金融資を受ける際には、非常に大切です。

    この格付けは、決様々な指標を元に行われますが、基本的には決算書が最も重視されます。

    したがって、決算書はただ作成するのではなく、融資を意識し、金融機関の格付けで高いランクを得られるようなものを作成する必要があります。

  • 公的機関からの資金調達

    ただし、開業間もなかったり業績の良くない企業に対して、民間の金融機関は厳しいもので、なかなか貸してくれません。

    そのような時、狙いたい融資先が、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や商工組合中央金庫、中小企業事業などの融資です。

    担保や保証人の確保が難しい人でも利用できる無担保無保証での借り入れが可能な政府系融資なのです。

    民間の金融機関よりも低い金利で借入が出来ることもポイントです。

  • ノンバンクからの資金調達

    中には高金利なところも多く、融資を受けたが返せなくなってしまったということも多分にあります。

    既にノンバンクから資金調達をしており、お困りの方は、別途ご相談をお受けすることが出来ますので、ご連絡下さい。

  • 4.補助金・助成金の活用

    人の雇用や事業拡大、販路拡大などを目的とした活動に対して、国から補助金や助成金が受けられることがあります。

    会社の規模や事業内容、または時期によって申請出来る補助金・助成金は異なります。

    ご自身に該当する補助金・助成金がないか知りたいという方は、無料助成金診断をご利用下さい。

資金調達の診断サービス

どの資金調達の方法が貴社にとって最も合っているのか?
また、どのようにしたら資金調達をすることが出来るのか等を包括的にアドバイスさせて頂きます。

お気軽にご相談下さい。