SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 会計事務所PDCA成長塾コラム-10
メールマガジンの登録はこちら

会計事務所の先生は税理士か公認会計士なので当然、税務や会計の専門知識の習得のための勉強をするのは当たり前ですよね。税法改正などの知識は専門家として必ず勉強をしなければなりません。しかし、内職先生やお山の大将先生の中にはこの専門家としての勉強さえもしていない税理士・公認会計士がいますね。

ところが経営者である我々はこの専門家としての勉強以外に経営者としての勉強も、会計事務所業界の最新情報を入手することなども必要です。私は開業10年目ぐらいまでは専門家としての勉強しかしていなかったのでお山の大将先生になっていましたね。しかし、社員数が徐々に増えて経営者としての勉強をしなければならないことに気づき、松下幸之助氏、稲盛和夫氏、中村天風氏、船井幸雄氏などの書籍を読んだり、CDを聞いたり、講演会に参加などして経営の勉強を始めました。経営の勉強をしてみると如何に今までの自分の事務所経営が間違っていたかを痛感しました。また、ランチェスター経営戦略やアンゾフの成長マトリックスなど経営において学ばないといけない原理原則があることも知りました。そして、学んだことを即実践に移して失敗を繰り返しながら軌道修正をして何とか経営をやってきました。ここでとっても重要なことは先人の経営者の方々から謙虚に学ぶことが必要だということです。

また、中小企業家同友会や倫理法人会などの真面目な勉強会に参加することも有意義ですね。青年会議所やライオンズ・ロータリーは勉強をするというよりは営業のツールなのかもしれません。でも、私は11年間青年会議所にいましたので良い勉強をさせていただいたと思っています。そして、良い友もできました。

さて、一方で会計事務所の同業者の方々と付き合うこともとても大切なことだと思っています。特に先進的な取り組みをされている会計事務所の先生とお付き合いしたり、たまには事務所を見学させていただくこともとっても勉強になります。特にお勧めは自分の事務所より少し大きくて一歩先を歩んでいる先生とお付き合いしながら身近な目標とすることです。例えば、自分が10人ぐらいの事務所だとして、100人の事務所を見ても凄いなあと思うだけで参考になりません。それであれば20人ぐらいの事務所を目標として色々なことを学ぶことです。会計事務所の先生は意外にノウハウを惜しげもなく公開していただけます。とは言っても、そのような事務所の先生とどこで知り合うかが問題です。

やはり、会計事務所の方々が集まる勉強会に参加することでしょう。例えば、会計事務所PDCA成長塾は最高だと思います。この他にも私はNO.1実践塾、チームTassei、船井総研の会計事務所経営研究会、MAP経営の勉強会などにも参加しています。それぞれの勉強会で学ぶことも本当に大切なのですが、これらの勉強会で色々な会計事務所の先生と知り合って親しくなることの方がもっと大切なことだと思います。本当に全国には素晴らしい会計事務所経営者が多くいますが、プライドが高くお客様のことを考えていない会計事務所も多くあります。多くの会計事務所とお付き合いして自分と合う本物の会計事務所を見つけることですね。そして、素晴らしい会計事務所から多くのことを謙虚に学び、失敗を恐れずに実践してみることです。すべてが上手く行くことなどありませんが失敗しても諦めずに再挑戦すればいずれは必ず成功します。

結論は他の会計事務所などの外部の力を借りながら謙虚に学び、諦めずに挑戦することですね。