SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 会計事務所PDCA成長塾コラム-5
メールマガジンの登録はこちら

会計事務所のサービスの基本は通常、会計税務が基本です。会計税務のサービスを詳細に見ていくと色々な分類方法があると思います。ここではSMCグループの会計税務の売上分類をご紹介します。月次税務顧問(法人・個人)、年一決算(法人・個人)、年末調整、確定申告、税務調査、その他税務相談・提案などがあります。この他にも相続税申告、事業承継対策、組織再編などの特殊税務などがあります。多くの会計事務所はこれらの会計税務をメイン商品として中小企業にサービス提供しています。会計税務の商品サービスは会計事務所にとってとっても大事なものです。

ところが多くの中小企業の経営者には会計税務の知識があまりありません。会計税務の知識がない経営者に会計税務の高度な商品サービスで差別化することはとても困難です。どんなに素晴らしい高度なサービス提供をしてもなかなか理解してもらえません。「内職先生」「お山の大将先生」が提供するサービスとの違いが理解してもらえないのです。私は過去に何度も三流会計事務所の三流サービスと同じ扱いを受けた苦い経験があります。でも、こんな時は「内職先生」「お山の大将先生」のサービスに満足するような経営者にはSMCグループのサービスが高品質過ぎて提供するのは勿体ないと思うようにしています。そこで、会計税務で差別化が難しいので会計税務以外のサービス提供をして差別化しようと考えました。

中小企業の会計事務所へのニーズは決して会計税務だけではなく経営に関するニーズも多くあります。ここで会計税務以外の業務にも取り組もうとするときにとっても大事なことは会計税務から大きく離れないことです。会計事務の周辺の業務、会計事務所だからこそできる業務を選択することです。会計事務所の特色を最大限活かせる業務に取り組むことです。というのも、会計税務から離れると競争相手は会計事務所以外の企業が多く存在します。会計事務所業界から一歩離れるとその競争は非常に厳しいのです。独占業務で守られている会計事務所業界は殆ど競争もなく無風状態です。だからこそ、少し努力すればすぐ成果が出る業界なのです。会計事務所業界から大きく離れない新たな業務に取り組むことが肝要です。

さて、SMCグループでの会計税務以外の業務をご紹介します。SMCグループも当然、会計事務所業界の周辺の業務を行っています。
①MAS監査サービス(経営支援業務) ②資金調達支援 ③経理代行・経理受託
④経営改善計画作成支援(認定支援機関) ⑤Web制作・デザイン事業 ⑥保険代理業務 ⑦セミナー・研修・塾 などがあります。

上記の商品サービスの中でWeb制作・デザイン事業が異質に感じられるかもしれません。MAS監査サービスでHPを作りたい、DMチラシを作りたいけど良い業者がいないとの声があまりにも多くあるので苦肉の策としてSMCグループが請け負うことになりました。これは会計事務所業界とあまりにもかけ離れている業務なので正直やらない方が良いと思います。

SMCグループでは上記の会計税務以外の商品サービスは基本的に会計税務のお客様に提供します。つまり、既存のお客様に重ね売りをするのです。重ね売りは販売の基本です。新規のお客様に新商品を販売するのは最も難しい行為です。一番簡単なのが既存のお客様に新商品を売ることが売上拡大で一番簡単な方法です。既に会計事務所の信用があるから重ね売りがしやすいのですね。(この販売方法については次回のブログで解説しますね。)

あなたの事務所はどの新商品サービスを提供しますか。

では、次回は「6.売上拡大を仕組化すること」をお伝えしますね。