SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 強運会計士の独立開業失敗日記-4
メールマガジンの登録はこちら


 

 私は生まれつきプラス思考だと思っていましたが、流石に独立開業した時にはマイナス思考になりましたね。というのも、お客様がゼロからのスタートだったので貯金は監査法人からの退職金80万円、家族は長女を含めて3人、このままお客様が増えなければ3カ月で資金ショートします。お客様を増やそうにも増やし方がわかりませんでした。毎日が暇で考えることは3カ月過ぎたらどこかに就職しなければならないかなということばかり考えていました。逆にこんな状況でどうするとプラス思考になれるのか?

 そんな中で出した結論はとにかく動きまくること。マイナス思考などする暇もないほど動くことにしました。同窓会への参加、同級生のところへの会社訪問、飛び込みで銀行訪問などなど、やれることは何でもやりました。

 すると、やはり動いただけの価値がありました。動けば小さな波が立ち、何らかの反応が出るものです。大学のOB会に出て知り合った先輩から2件顧問をゲット、高校の同級生からもセカンドオピニオンを1件と、だんだんお客様が増え始めました。

 ここでの教訓です。まだ、起こりもしていない将来の事象を心配するマイナス思考は止めて、常に前向きなプラス思考で何も考えずにドンドン動きましょう。動けば必ず何らかの結果が出ます。

教訓12:プラス思考でドンドン動きましょう。