SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 強運会計士の独立開業失敗日記-4
メールマガジンの登録はこちら


 

  開業当初はお客様が少ないので、どうしてもお客様に迎合しやすくなります。我々会計事務所は先生稼業なので、お客様である中小企業を良い方向へ導く責任があります。そんな立場の会計事務所がお客様に迎合していてはお客様を良くすることはできません。

 例えば、借金が莫大にあるのにお客様から「節税したい」と言われて、お客様に迎合してホイホイ節税のアドバイスをしていたらお客様の会社は良くならず、借金が残ってしまいます。お客様から「高級外車に乗りたい」と言われて、お客様に迎合して利益が出ているから良いでしょうなどと言ってしまったらお客様の会社は良くなりません。

 借金が莫大にあるのにお客様から「節税したい」と言われたら、「あなたの会社はまだ節税をする身分ではありません。早く借金を減らしなさい。」と嫌なことですがお客様のために言いましょう。お客様から「高級外車に乗りたい」と言われたら。「何故、高級外車に乗るんですか?見栄のためですか?高級外車に乗ると売上が増えるんですか?利益が増えるんですか?」と嫌なことですがお客様のために言いましょう。

 ちなみに私はお客様に嫌なことを言うことが大好きです。嫌なことを言った時のお客様の反応で経営者としての器が分かるからです。

教訓13:お客様にドンドン嫌なことを言いましょう。