SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 強運会計士の独立開業失敗日記-3
メールマガジンの登録はこちら

私は独立開業した時に金融機関との付き合いを深めて紹介をもらおうと思い金融機関と接触を持ちました。
まずは地銀です。300万円の融資を申し込みながらお客様の紹介を依頼しようと思いました。
アポイントを入れて当日支店に行くと担当者はいません。すっぽかされたのです。名刺を置いて電話をかけていただくように依頼して帰ってきても一向に電話はかかってきません。そして、こちらから電話して約束を破ったことを責めると「あんただけが客じゃないぞ。」と開き直りました。怒り心頭でしたが、実力・実績を上げないうちは金融機関は会計事務所と真剣に付き合わないことを思い知らされました。この時、「今に見ていろよ、実力をつけてこの銀行からお金を借りてください。」と必ず言わせるぞと誓ったものです。
10年後、そのクズ担当者ではありませんでしたが飛び込みで来て、そのタイミングが来ました。この不誠実な対応をした担当者を思い出すと門前払いをしたかったのですが、そのクズ担当者と同じレベルの人間になるような気がしたので応接に通して、当時の状況を伝えました。我々は融資先を紹介すること、その金融機関は我々に税務顧問を紹介することで提携が成立しました。ちなみにその金融機関は既に吸収合併されて消えてなくなってしまいました。ザマ~ミロ~・・・。大人げないかね。

教訓3:金融機関とは実力をつけてから付き合いましょう。