資金繰りを余計に悪化させる!やってはいけない経費削減方法

資金繰りを楽にするには利益を増やすことが一番です。
基本的に経費を少なくすれば、その分だけ利益が増えやすくなります。
しかし、経費削減には良い経費削減・悪い経費削減があります。
削った結果、利益が少なくなり資金繰りが悪化しては元も子もありません。
今回は絶対やってはいけない経費削減事例をいくつかご紹介します。

売上を作るための経費削減をしてはいけない


多くの経営者が「売上は上げたい」と考えていることでしょう。
売上を作るためには、広告宣伝費や販売促進費、営業要員の人件費などがあります。
売上が下がっているのに、チラシや営業マンを減らしてしまうと売上を上げることができなくなります。
その結果、利益が増えるどころかますます利益が出にくくなり資金繰りを悪化させることにもなりかねません。

商品の品質に関する経費を削ってはいけない


お客様は、他社よりも品質が高いことを理由にその商品やサービスを購買しています。
品質を落とせば、それらのお客様が他社の商品やサービスに取られてしまなど離反していく可能性があります。
コストを下げるときには、単純にサービスや品質を落として経費を削減するのではなく、品質を維持ながら経費が削減できる業務内容や方法を考えましょう。

法令順守に反する経費を削ってはいけない


言うまでもありませんが、税金は払わなければなりません。
税金を払わないと、銀行から借入ができなくなります。
もちろん脱税をするのは持ってのほかです。

まとめ


資金繰りを楽にしようとして何でもかんでも削れば良いという訳ではありません。
間違ったやり方で経費削減すると結果的に利益が無くなり、資金繰りが悪化します。
本当に削って良い経費なのかどうかをよく検討する必要があります。
目先のことにとらわれて資金繰りが悪化しては元も子もありません。
将来を見据えて正しい経費削減を行いましょう。

『キャッシュを増やすヒケツ』について記事を書いております。様々な方向からキャッシュについて知って頂けます。こちらもぜひご覧ください。
キャッシュを増やすヒケツはこちらから→https://www.smc-g.co.jp/cashacademy/blog/