CATEGORY 経理

忙しい社長でも必ずできる!手間をかけない帳簿の付け方や決算書の読み方など、経営者と経理担当の方が読んで役に立つ記事をまとめました。10万円以上のパソコンを購入した場合は消耗品?固定資産?など日々の業務に役立つ記事をまとめました。

  • 2020.10.18

長期にわたる現場の原価管理

ネットで「建設業 利益の出し方」を検索すると、どのサイトでも同じようなことが書いてあります。 建設業の利益は「完成工事高-工事原価」ですから、完成工事高を上げるか工事原価を下げるしか方法はありません。とてもシンプルなことですが、工事原価を下げることがいかに難しいかは、建設業に携わる皆さんはご承知の通りでしょう。逆にそれが出来れば利益は出るのです。出来なければ、ず~っと利益が出ない工事を続けなければ […]

  • 2020.10.04

原価管理の活かし方

工事台帳をつけて各現場の原価と利益が分かりました。利益が出ていない現場、手間がかかりすぎている現場、終わったことだからとそのままにしていませんか。そのままではず~っと利益が出ませんよ?今回はこの原価管理を活かす方法をお伝えしていきましょう。 見積りの段階で、利益が出る現場とあまり出ない現場がなんとなく分かります。問題は、そのままでいいのか、結果はどうだったか、ということです。ここに手をつける方とそ […]

  • 2020.09.21

原価管理の目的とは

みなさんの会社では原価管理をどのようにしていますか。 エクセルでつけている方、原価管理ソフトを使っている方、そもそも原価管理をしていない方もいらっしゃいますよね?こんな記事を書いておりますが、私は家計簿もろくにつけていません。(笑)  なぜつけられないのでしょう? 時間がないからでしょうか。それもあります。 領収書や請求書が溜まってしまって、面倒になった。それもあります。 昔はつけていたけど、つけ […]

  • 2020.07.19

今いくら受注していますか? 今月いくら完成しますか?

建設業で利益を出す方法をお伝えしております。 前回は誤った見積り方法や、正しい積算と原価率等の記事でしたが、今回は受注完成管理の重要性についてお話しいたしましょう。 中小企業の建設業の社長は受注が得意です。 元請けにしろ下請けにしろ、毎月どんどん受注してきます。 受注残高が少なくなると、社員を遊ばせてしまうからと、また営業活動を始めます。本当に素晴らしい。 とても一般の社員には真似できません。そし […]

  • 2020.07.05

その見積りで本当に利益が出ていますか?

実は建設業で利益を出すのはそんなに難しいことではありません。ところが実際には手元資金が厳しい会社が多いのも事実です。 何をどうすればよいのでしょうか。 建設業の工程を見積りから完成までで考えてみましょう。 ①見積り ~ ②受注 ~ ③外注委託 ~ ④施工・監理 ~ ⑤完成 あ~もう、見ただけで利益を出せる機会が沢山あります。 でも機会損失をしている会社が多い。今まで私がお会いした建設業の社長、この […]

  • 2020.05.31

売掛金、回収できてます?

ちょっと御社の決算書をご覧ください。売掛金の金額はおいくらですか。 その売掛金は、いつから入金されていないものでしょう、そしていつ入金されるのでしょうか。 キャッシュがない会社の特徴の一つが、不明な売掛金や未収入金があることです。 社長は売上が大好きです。売上が上げれば安心し、売上が下がると焦ります。 もちろん売上は商品やサービスを買っていただいた対価ですから、これを上げる努力は必要ですね。 とこ […]

  • 2020.05.03

立替え、仮払いの危うさ

多くの決算書を拝見する機会がありますが、貸借対照表の資産に危ない科目が並んでいます。会社の「資産」なのに、です。 代表的なものは「短期貸付金」だということは、コラムを読んで下さっている方にはお分かりですね。 ところが、その他にも危険科目はたくさんあります。 車の販売や車検の仕事をしている会社で「立替金」という科目をよく目にします。私たちが車を購入するときや車検に出したとき、法定費用として重量税や自 […]

  • 2020.03.15

経理担当者が辞めてしまったら・・・

中小企業の悩みの一つが「経理担当者」です。 始めたばかりは社長が自ら経理事務を行い、上手くいけば奥様、少しずつ規模が大きくなれば経理事務を雇うことも出来るでしょう。 お付き合いしている中小企業さんで一番経理が滞りなく進むのが、ベテランの経理事務の方がいらっしゃる会社です。きちんとした奥様が帳簿をつけているケースも安心です。この経理担当者が安心なのは、 ①経理事務を専門業務としていること(期限を守れ […]

  • 2020.02.23

昔からの経理スタイルをやめられない

みなさんの会社は誰が帳簿をつけていらっしゃいますか。 最近はクラウド会計も登場し、預金出納帳をつけなくても通帳から読み取ってくれるようになりました。会計処理も帳簿もどんどん進化していっています。ところが・・・。 一方で納品書や請求書、仕入台帳や売上台帳、給与明細も事務員さんが手書きで書いていらっしゃる会社も多い。 気の毒なのは「振替伝票」まで作っている方もいます。 勘定科目をゴム印で貸方借方に押印 […]

  • 2020.02.09

いまさら聞けない経理に必要な帳簿 建築編

先日、建築業向けのセミナーを開催しました。 テーマは「利益を出す建設会社がやっている3つのツール」。 3つのツールの中には、もちろん「帳簿」が入っていますよ。 セミナーの中で参加者にある質問をしました。 「材料費が20万円、外注費が30万円、雑費が5万円。 さて、あなたはいくらで見積もりを提出しますか?」 この記事を読んでいらっしゃる建築業の経営者様、まさか 「550,000円×1.3=715,0 […]

1 5