CATEGORY 経営計画の立て方

  • 2019.11.10

ワクワクする中期経営計画と気が重くなる中期経営計画②

前回はワクワクする経営計画書作成のポイントについてお話ししました。 それでは、気が重くなってしまう中期経営計画とはどのようなものでしょう。 気が重くなる中期経営計画 現状の経営が厳しく、どうしても5年後の姿がイメージできない。 イメージができないので、頑張っても5%増などの計画しか考えられない。 5%増でも本当は無理だと思っている。なんだか楽しくない。 このような思いのまま中期経営計画を作ると、気 […]

  • 2019.10.20

ワクワクする中期経営計画と気が重くなる中期経営計画①

みなさん。ワクワクするような中期経営計画を作成していますか? 毎年50社ほどの中期経営計画作成をサポートしていますが、ほとんどの方は、5年後のイメージが具体的に数字化され、これならできるという確信を得られた中期経営計画にワクワクされます。 一方、何社かは、作成した中期経営計画にワクワクできず、つらく気が重くなってしまう経営者の方もいらっしゃいます。 ワクワクする中期経営計画とワクワクできない中期経 […]

  • 2019.09.01

ストラック図を使った経営計画

前回のコラムではストラック図を使い、損益計算書を分析してみました。 そしていよいよ今回は、このストラック図を使って1500万円の借入を返済するための売上を逆算していきます。 記のストラック図では、税金を差引いた後の当期利益700万円に減価償却費200万円をプラスした簡易キャッシュ900万円と、一年内返済長期借入金1,500万円を比較し、利益が出ているのにお金が減っていく状態をストラック図でイメージ […]

  • 2019.04.07

会社を成長させる経営計画の作り方。最終的に売上の〇%を残さなければ良いのかご存知ですか?

経営計画を作る際、経常利益の目標額について聞かれることが多くあります。 基準となるのは「売上高経常利益率」、つまり最終的に売上の〇%を残すか、という指標です。 どんな業種であっても、まずは売上高経常利益率10%を目標にしてみましょう。 しかしこの比率は、売上に対して経常利益が10%である。ということにすぎません。 「売上高の10%を残す」という目標の前に、必ず確認しておかなければいけない数値があり […]

  • 2019.03.24

ワクワクする経営計画の作り方3つのポイント

5ヵ年計画を立てる際に最も重要なのは、立てた5ヵ年計画が経営者にとってワクワクする計画になっているかどうかです。 ワクワクする将来が具体的にイメージされており、そのイメージが数値化されている状態が重要なのです。 ワクワクする5年後は、次のようにイメージしてみましょう。 5年後の従業員 ・従業員数が、〇〇人になったオフィスをイメージする。 ・従業員や幹部が、それぞれ自分の目標を持ち生き生きと働いてい […]

  • 2019.02.10

夢を叶える経営計画の作り方。中期経営計画、単年度経営計画について

経営計画の作り方をいざ調べてみても、「具体的に書け」とか「表に数字を入なさい」とか…よく分からない事ばかりですよね。 「経営計画に必要な情報が多すぎて調べていられない!」 「作り方のテンプレートに出てくる用語がよく分からない!」 「ウチの会社は受注金額がバラバラで経営計画作成とか無理です!」 今回は、はじめての方でも簡単にできるよう、まとめて分かりやすく解説しました。 ワクワクするような経営計画書 […]

  • 2019.02.03

ワクワクする5年後を作るために、貸借対照表をどのように改善していくか②

前回のコラムでは、支払手形は最も簡単で、最も危険な資金調達方法であるという話をしました。 それでは受取手形はどうでしょう。 貸借対照表に受取手形がある場合 受取手形は支払手形のように危険な資金調達方法ではありません。 しかし資金を回収できるのが90日後や120日後になりますから、現預金と比較すると資金回収が遅れ、キャッシュが減少することになります。 支払手形は「支払手形を振り出さない」と意思決定す […]

  • 2019.01.20

ワクワクする5年後を作るために、貸借対照表をどのように改善していくか

「中期経営計画は、ワクワクする5年後を作る!」という話をずっとしてきました。 ところが、今の財務状態を良くすることが先決で、夢のある目標設定は難しい・・・。 こんな経営者もいらっしゃるでしょう。 今回は、貸借対照表をどのように改善していくかという視点で、中期経営計画の作成方法をお話ししたいと思います。 多額な一年内返済長期借入金 長期借入金のうち、一年間で返さなければいけない元金(一年内返済長期借 […]

  • 2019.01.07

経営理念と経営目標は、経営計画の根本。 じっくり考えて、ワクワクする経営計画書を作成しましょう

今回は、「経営理念」と「経営目標」についてお話しします。 なぜ経営計画書が必要なのでしょう。 経営計画書には2つの目的があるのです。 経営計画を作成する一つ目の目的は、過去の記事でもずっと書いてきたとおり、会社のキャッシュを増やし、100年企業になり、会社を未来永劫永遠に発展させるためです。 そして二つ目は、「経理理念」と「経営目標」を実現するためです。 経営理念とは みなさんの会社にも「経営理念 […]

飲食業における経営計画のポイント

前回のコラム、飲食業の「FLコスト」と「限界利益率」「給与分配率」についてご理解いただいたうえで、今回は飲食業における経営計画のポイントをお話ししていきましょう。 食材費(材料仕入) ポイント:食材費率30% (食材費率 = 食材費 ÷ 売上高 × 100) 食材費は、売上に対して30%を目標にします。 直近の決算書を分析し、食材費率が30%以上であれば、早期に改善が必要です。 5ヵ年計画の3年目 […]