CATEGORY コラム

  • 2020.06.28

破産弁護士から見た破産会社の特徴(1)

今回から4回シリーズで、破産弁護士から見た破産会社の特徴を見ていきたいと思います。 (1)サンドイッチ弁護士時代 私はかつて破産専門弁護士として、業務時間の殆どを破産申立業務に当てていた時期がありました。破産専門弁護士のことをサンドイッチ弁護士と呼びます。『挟んで(破産で)食べている。』というシャレですが、私が弁護士になった平成14年頃は、破産事件が急増していた時期でした。私もサンドイッチ弁護士と […]

  • 2020.06.21

簡易工事台帳からスタートしましょ!

キャッシュを増やすヒケツでは、お客様へさまざまな提案とアドバイスをしております。 もちろん実行するのもしないのもお客様の自由です。でも、「こうすれば利益が出る」「これを実施するとキャッシュが溜まる」「これをしないとリスクがある」とお伝えしても、動いてくれる方は2割程でしょうか。これはこうした経営に限ったことではなく、挑戦する人は20%だと言われています。踏み出さない理由は何なのでしょうか。 このコ […]

  • 2020.06.14

一番簡単な決算書の読み方④

1.現預金残高が増える経営をする 入ってくる金よりも出ていく金が多ければ、今ある現預金はいずれなくなります。これは当たり前のことであり、会計の参考書を読むまでもなく、小学生でも理解できます。 ということは、 純利益 + 減価償却費 - 1年間の借入返済元金 > 0 → 現預金増 となる経営をすれば、毎年現預金残高が増えて、安定した財務状況となります。 現預金額が減少傾向にある会社は、現預金額が減ら […]

  • 2020.05.19

キャッシュを増やす塾、Live配信します

【Live配信予告!】 2020/5/21 14:00からキャッシュを増やす塾の一部をLive配信します。 Facebookキャッシュを増やす塾ページで講座の冒頭10分をLiveで見学できます!   名古屋校にて行われる「積極的財務戦略」講座の冒頭10分を無料公開。 Facebookキャッシュを増やす塾ページはこちら↓ https://www.facebook.com/smc.cashacadem […]

  • 2020.05.10

一番簡単な決算書の読み方③

シリーズで「一番簡単な決算書の読み方」をお伝えしております。前回までは貸借対照表の現預金残高についてお話ししてきましたが、今回は損益計算書を見ていきましょう。 1.損益計算書で利益が出ていれば、キャッシュが増えるのか? 新前弁護士の私は、損益計算書の最終の利益がそのまま会社の現預金に積みあがるのではないことすら知りませんでした。 損益計算書には5つの利益が記載されていますが、一番下にかかれている税 […]

  • 2020.04.12

一番簡単な決算書の読み方②

決算書には多くの情報が載っています。分かりやすいのは損益計算書ですが、経営者であれば貸借対照表を読めるようになって欲しいと思います。倒産の原因を理解するために、そしてそれを回避するためにも、決算書を理解していきましょう。 1.一番大切な情報を把握する。 破産法上の破産の要件は「支払い不能」です。要するに破産とは、会社の負債を会社の財産で支払いできない状態を言います。 会社にとって一番大切なものは何 […]

  • 2020.04.05

重要なのは毎月のお金の流れを把握すること

自慢ではありませんが、こんなに経理の重要性を記事に書いておきながら、自分は領収書類を袋に入れて終わりです。(笑) 領収書でパンパンだったサイフが薄くなっただけで、な~んにも変わっていません。サイフの中のお金がなくなると銀行から引き出しますが、何に使ったかなぁ、まだ引き出して数日なのにすぐになくなるなぁ、っていう程度です。 こんな私も、昔は家計簿をつけていました。食費、嗜好品、レジャー費、教育費、家 […]

  • 2020.03.29

資金繰り表はどう使う?

前回のコラムでは資金繰り表の作り方をお伝えしましたが、今回は作成した資金繰り表をどう使うかをみていきましょう。 資金繰り表の使用場面は主に3つ想定されます。①自社入出金チェック用、②自社経営管理資料、③銀行融資提出資料、の3つです。 1.自社資金の入出金チェック用 これは前回のコラムでお伝えした、「日次資金繰り表」を主に使用することになります。社長よりも経理担当の方が主な使用者になることが多いでし […]

  • 2020.03.22

一番簡単な決算書の読み方①

1.私の読み方 平成14年に私が弁護士になった当時、担当する事件の多くが破産事件であり、破産に至った経緯を裁判所に報告するという業務を行っていました。司法試験に合格したものの、それまで会計の勉強もしたことがなく、決算書は難しいものであるとの思い込みもあって、当時は非常に往生した記憶があります。 会計についての解説書を買ってきては手当たり次第に読みましたが、どうも専門用語が多くて、わかったような、わ […]

  • 2020.03.08

本当は怖い節税の話 その4 破産するかもしれないのに節税保険を解約したがらない社長の話

破産するかもしれないのに、節税保険を解約したがらない社長の話 私:「財務を見ると年々現預金残高が減っています。ここ3年で30%ずつ現預金が減っているので、このまま行くとあと3年で支払い不能となり、破産の危険があります。破産専門弁護士の私が言うので間違いありません。3年後に潰れることは決算書を見ればわかるのです。」 社長:「先生、ではどうすればいいですか?」 私:「まず、経営は1年を通して現預金残高 […]

1 3