CATEGORY 資金繰り

中小企業の資金繰りを改善する売上計画、銀行との付き合い方、資金繰りを楽にするための回収サイトの短縮や借入金の期限設定方法などの具体的な方法が満載。

  • 2020.10.25

ストラック図で逆算 いくら利益を出せば良いか教えます。②

前回はストラック図の税引前当期利益までの説明をいたしました。 今回はストラック図右側のキャッシュの部分についてお話ししていきましょう。 税引前当期利益500万円から税金150万円を差いたものが当期利益350万円です。 税引前当期利益は、お金が減らない経費である減価償却費100万円が、その他経費の中に含まれた状態で計算されています。 1年間で増えるお金=簡易キャッシュ 当期利益は減価償却費を差し引い […]

  • 2020.10.18

ストラック図で逆算。いくら利益を出せば良いか教えます。その①

今回から数回にわたり、ストラック図を使った単年度経営計画の逆算についてお話ししていきます。イメージ図で見られるので、分かりやすくて面白いですよ。 先日、A株式会社の単年度計画作成のお手伝いをしました。A株式会社は、毎年利益はでるものの、1年間に返済する借入の金額が大きく資金繰りに苦労されている会社です。 単年度計画作成は3回目ということで作成自体は慣れてきており、お客様自身で次のようなストラック図 […]

  • 2020.08.23

支払手形の止め方、その1

手形取引は急激に減少しています。 2017年の交換高はピーク時の1割以下で、交換所も減り続けていいます。その原因は企業のコスト削減や現金決済の拡大が考えられます。 手形交換は、金融機関が手形や小切手などを持ち寄って交換する民間の決済制度。明治12年に大阪手形交換所が最初に開設され、中小企業の資金決済の重要な手段で、右肩上がりで増加してきましたが1990年を境に一気に減少しだしました。 大企業が率先 […]

  • 2020.08.09

手形取引のメリット、デメリット

今回は「手形取引解消」についてお話をしたいと思います。 新型コロナウイルスショックは、手形取引を撲滅するとても良いチャンスと思っています。手形についてネットで調べてみると「手形とは、将来の一定期日に一定の場所で、一定の金額を支払うことを記載した証券のことをいいます。手形は、決済の手段として商品代金や掛け代金の支払いのため、現金の代わりに用いられます。」とあります。 手形があるために企業の経済活動が […]

  • 2020.07.12

会社を潰さないためのキャッシュの見方、まとめ

「会社を潰さないためのキャッシュの見方」について4回に渡ってお伝えしてきました。 その中でネットキャッシュ残高(現預金から借入金を差し引いた金額)の増減と、その原因を探るための3つのキャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CF)の大切さ、さらに営業CFから分かる資金繰り改善方法等、事例を交えてみてきましたが、如何だったでしょうか? 現金預金残高の推移からその原因を調べてみると、いろいろなストーリ […]

  • 2020.06.28

企業努力により、会社のキャッシュは増えていく

前回までのコラムで、ネットキャッシュ残高(現預金から借入金を差し引いた金額)の増減と、その原因を探るための3つのキャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CF)の大切さをお話ししました。 そして下記の事例S社の、第12期、第13期の現預金の増減の原因をキャッシュフロー計算書から読み解いてきました。 続いて第14期をみていきますね。 製造業S社 創業15年 売上15億円 社員100名(パート含む) […]

  • 2020.06.24

税理士が教えるコロナ対策資金繰り。挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)とは。

資本としてみなすことができる資本性ローンとは みなさんは「資本性ローン」をご存知ですか? たとえば、ベンチャー企業やスタートアップ段階の企業が創業の際に必要な資金調達をベンチャーキャピタル(VC)や金融機関から行おうとする場合、創業した企業すべてが利用できるかというとなかなかそうはいかないものです。 そんなときに、一般的な借入につきまとう担保や保証人は必要がなく、金融査定上、借入金ではなく、資本と […]

  • 2020.06.17

新型コロナウィルスに負けない。税理士が教える資金繰り支援内容一覧

2019年12月に中国武漢で発生した新型コロナウイルスは中国全土に一気に広がり、今年3月には世界的なパンデミックとなりました。 日本でも感染者数が増加し、今年4月7日に非常事態宣言(緊急事態宣言)が発令され、5月25日に全面的に解除されましたが、いつ何時に第二波が来るのか不安な状態になっています。 この新型コロナウイルスは経済にも大きなダメージを与えております。 新型コロナウイルスの感染拡大と外出 […]

  • 2020.06.14

資金繰り表を作りながらチェックすべきこと③

資金繰り表は自社の資金を適切に保つためのツールにすぎません。資金を適切に保つためには適切に代金回収、債務支払、資金調達、が行えているかがポイントです。 今回は「資金調達」において実施するべき点をいくつか列挙します。資金繰り表を作成しながらチェックしてみてくださいね。 1.毎月の返済額・返済日がわかっていますか? 中小企業の資金調達先はなんといっても金融機関です。それも地方銀行、信用金庫といった地域 […]

  • 2020.06.07

ネットキャッシュ残高で倒産リスクを知る

前回のコラムでネットキャッシュ残高(現預金から借入金を差し引いた金額)の増減と、その原因を探るために3つのキャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CF)の大切さをお話ししました。 今回は具体的に実在する会社の事例を使って説明をしていきます。早速5期分の決算書を用意して始めましょう。 製造業S社 創業15年 売上15億円 社員100名(パート含む) まず、貸借対照表の左の一番上の現金預金をA欄に記 […]

1 11