CATEGORY 資金調達

中小企業の資金調達は大きく3つに分けることができます。1つ目は銀行からの借入や社債などの「借金」、2つ目は「資本金」。上場企業等はこの出資を投資家から集めていますが、中小企業は社長や親族が出資して、経営の資金とすることが殆どです。 3つ目は「利益」です。 一番健全なのはもちろん「利益」ですが、必要な投資をするときやキャッシュが足りないとき等、どうしても借金などによる資金調達が必要な場合があります。 このカテゴリーでは中小企業が活用できる資金調達方法や各方法のメリット・デメリットをまとめてあります。

  • 2019.11.03

ファクタリングのメリットとデメリット

売掛金をファクタリング会社に売却することで現金化できる「ファクタリング」という資金調達方法。 ファクタリングの種類や手数料についてお伝えしてきましたが、その他の情報もお伝えしましょう。 クラウド会計の運営会社も参入 最近では、会計ソフトとファクタリング会社が提供し、買取可能な請求書を提示するサービスも登場しています。例えば、クラウド会計でおなじみのfreee株式会社の100%出資子会社である fr […]

よくある資金調達方法「役員借入金」のメリット・デメリットを理解しよう

夢の借入金 将来返済しなければならない借入金のうち、資金の都合がつくまで返済をする必要がなく、かつ利息の支払いをしなくてよい資金調達方法があります。それは経営者からお金を借りる、いわゆる「役員借入金」です。 中小企業の経営者がプライベートで蓄えている資金の一部を、運転資金の確保のために一時的に会社に入れ、会社の資金に余裕ができたら返してもらうものです。 経営者からみれば会社への貸付金、会社からみれ […]

  • 2019.07.21

今さら聞けない融資の基礎①

会社に必要となる資金として、商品の仕入代金や給料などの支払いのように経営を行う上で必要となる運転資金と、設備、資産等を購入するための設備資金の2つがあります。 これらの資金を調達する方法としては、経営者の自己資金を会社に入れるか、銀行から融資を受けて資金を調達するかの2つが一般的です。 今回は銀行からの融資の種類について説明します。 融資の種類 融資の種類には大きく分けると4つあります。 ① 証書 […]

  • 2019.07.07

キャッシュは会社の命。銀行から融資、当座貸越と割引手形について

運転資金や設備投資の資金を調達する方法の一つとして銀行から融資があります。 融資の種類には大きく分けると4つあります。証書貸付、手形貸付、当座貸越、そして割引手形です。 前回の①証書貸付と②手形貸付に続き、今回は③当座貸越、④割引手形についてみていきましょう。 当座貸越 一般的に「とうがし」と呼ばれるものです。 当座預金に残高がなくても、払い出し可能です。枠を設定してもらうことになります。 つまり […]

  • 2019.06.23

キャッシュは会社の命。銀行から融資の種類について解説します。

会社に必要となる資金としては、原材料や商品の仕入れ代金や給料、水道光熱費、消耗品のような経営を行う上で必要となる運転資金と、設備、資産等の購入や契約時費用のための設備資金の2つがあります。 これらの資金を調達する方法として、経営者の自己資金を会社に入れるか、銀行から融資を受けて資金を調達するかが一般的です。 今回は銀行から融資の種類について説明します。 融資の種類には大きく分けると4つあります。証 […]

  • 2019.05.26

売上代金を回収するまでが大切。クレジット決済の導入について説明します。

会社の取引は売上を作ることだけでなく、その売上代金を回収するまでが大切です。 前回はクレジットによる回収方法について手数料やメリットをみてきましたが、今回は導入方法についてお伝えいたします。 クレジット会社と直接契約(直接契約方式) クレジットカードの取り扱いをはじめる方法としては、クレジットカード会社と直接契約する方法があります。 クレジットカード決済のブランドとしては、「VISA」、「MAST […]

  • 2019.05.12

クレジットの手数料、振込手数料について

会社の取引は売上を作ることだけでなく、その売上代金を回収するまでが大切です。 売上代金の回収方法として、今回はクレジットによる回収方法をみていきましょう。 お客様の代金の支払い方法 小売業や飲食店業、サービス業など消費者を相手に商売をする場合、売上げの代金の受取方法のほとんどは現金だと思いますが、現金以外にも、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済など多様化しています。 クレジットカード大手のJ […]

  • 2019.04.28

2019年のIT導入補助金を使ってITツールを導入するには?

2018年に実施されたIT導入補助金。2019年も公募がはじまり、補助金ホームページも公開されました。 IT導入補助金2019 https://www.it-hojo.jp/ 前回のコラムでは、IT導入補助金の制度の概要と2019年の補助金の特徴をお伝えしましたが、今回はITツールの効果の検索方法や、事前に準備しておきたいことなどをお話しいたしましょう。 ITツールの効果を知りたいなら 2018年 […]

  • 2019.04.14

2019年は上限450万円に拡大。IT導入補助金

IT導入補助金は、正式名称を「サービス等生産性向上IT導入支援事業」といいます。 経済産業省が行う補助事業の一つで『一般社団法人サービスデザイン推進協議会』が運営しており、 生産性の向上を目的とするITツールやクラウドサービスを導入する費用に対して補助金を支給する制度です。 2018年に実施されたIT導入補助金は、500億円の予算のもと、投資額の2分の1の補助金(補助金上限金額50万円)として、1 […]

  • 2019.03.31

日本政策金融公庫の創業融資の手続き

会社にとって資金は、事業を行っていくのに必要不可欠なものです。 特に会社設立の際には、設備投資に必要な資金が多額になりがちです。 また、事業が軌道に乗るまでにかかる経費の支出に備えるために、ある程度の資金の用意も必要です。 この設備投資のために必要な資金のことを設備資金といい、経費の支出に備えるための資金のことを運転資金といいます。 この設備資金と事業資金を賄うだけの蓄え、いわゆる自己資金があれば […]

1 4