SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 強運会計士の独立開業失敗日記-4
メールマガジンの登録はこちら


 

 世の中にチャレンジする人は20%しかいません。そして、チャレンジする人の中で成功する人が4%、失敗する人が16%です。残りの80%はチャレンジをしない人です。チャレンジをしない人は成功はおろか失敗することもできないんですね。チャレンジしない人の中にはチャレンジしたいけどチャレンジできない人が56%、チャレンジをもともと全くしたくない人が24%います。

 まず、事務所経営で成功したいのであれば、チャレンジすることですね。私は開業当初は税務会計で十分と考えてFP業務や経営支援業務に見向きもしませんでした。しかし、開業して10年経った頃から、これらの業務にチャレンジし始めました。今思えば、「もっと早くからチャレンジしていればなあ」と思っています。チャレンジしない人の共通点は失敗することを恐れることです。しかし、成功と失敗の違いは紙一重なのです。失敗は諦めたときに確定するのです。上手くいかなくても諦めなければ失敗ではなく成功するための単なる過程にすぎないのです。そして、上手くいかなことで多くを学んで修正していけばいずれは必ず成功するものです。失敗は決してマイナスではなく、成功のための肥やしなのです。エジソンは失敗する度に成功へ一歩近づいたとワクワクしていたそうです。失敗を恐れずにチャレンジし続けましょう。

教訓15:ドンドンチャレンジしましょう。